土屋太鳳、若手芸人との大縄跳びに大興奮!

写真拡大

女優の土屋太鳳と俳優の間宮祥太朗が、8月29日に放送された『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、毎週火曜23:59〜、※一部地域をのぞく)に出演。大人数で大縄跳びに挑戦した。

毎回、総勢50名を超える若手芸人がゲストについて調査を行い、興味の持てる“おもてなし”を提案する同番組。ゲストはその中から数組のテーマを選出。MCのヒロミとフットボールアワーの後藤輝基らと共にトークを繰り広げる。

男子校出身の間宮は“青春コンプレックス”があるといい「高校生とかの恋愛映画を見ていると、自分がそういう思いをできなかったことがやるせなくなって」と学生時代を振り返る。間宮は憧れのキュンキュンシチュエーションを挙げ、スタジオで実際にやってみることになった。設定は“野球部で投手の間宮が、甲子園出場がかかった大事な場面でスタンドにいる彼女(土屋)からの応援を受けて勝利する”というシーン。間宮は「ワクワクしますね」と期待を寄せたのだが、土屋はガヤ芸人の間に挟まれて応援していたこともあり、様々なことを吹き込まれる。

まずはテイク1。土屋はカミナリのたくみから教えられた通り「祥太朗……高校球児とは思えねぇ髪型だな!」とツッコミを完コピしスタジオを笑わせた。そしてテイク2。今度はなすなかにし中西にアドバイスを受けた土屋は「祥太朗……見て。団子屋さんの挨拶」と自ら爆笑してしまい、後藤らから再び注意を受ける。最後は「祥太朗…勝って」と間宮を見事にキュンキュンさせて終了した。

続いて土屋は「いっぱい食べたいので、食べた後に体を動かしたり、健康維持にも縄跳びが良いんです」とガヤ芸人と共に大縄跳びに挑戦することになった。メンバーは土屋、間宮、かぎしっぽれおてぃ、カミナリ、チョコレートプラネット、永野、西村ヒロチョ、バイク川崎バイクの面々。1人ずつ縄に入り10人が揃った時点から10回連続飛べたら成功というルールだ。しかし、土屋の仕事の関係で5分後にスタジオを後にせねばならず、緊迫した状態でチャレンジを迎えることになった。

1回目の挑戦。土屋をはじめ順調に飛んでいくメンバーであったが、永野の足が縄にひっかかってしまう。永野は「俺は違う!」と否定するが、皆に詰め寄られると「俺や! 俺や!」となぜか関西弁で認めた。ヒロミは永野の代わりに、ジャッキーちゃんを投入。いよいよ残り1分30秒となった3回目の挑戦でようやく成功。土屋はハイタッチで芸人と喜びを分かち合い「すごく楽しかったし。なんかこうやってみんなで団結する感じが好きだなって思いました」と喜んでいた。