画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●秋はスペシャルな限定イベントが満載!

みなさま、こんにちは! ディズニー大好きな吉田よしかです。今回のテーマは「オトナ女子二人で楽しむ香港ディズニーランド」。4回にわたって「香港ディズニーランド・リゾート」の魅力をお伝えします!

第4回目は、マーベルヒーローのアトラクションやグリーティング、9月7日から始まるハロウィーンイベントをレポート! 今回も、モデルの服巻佳奈さんとともにご案内します!

○マーベルヒーローに会える期間限定スペシャルイベント

香港ディズニーランドでは、9月3日までの期間限定で「マーベル・スーパーヒーロー・サマー」を開催。キャプテン・アメリカやスパイダーマンと触れ合いを楽しみながら記念撮影ができたり、マーベル映画ファンには生唾モノの期間限定ウォークスルー・アトラクション「ミッション:ディメンション・オブ・デンジャー」が体験できます。

「ミッション:ディメンション・オブ・デンジャー」は、アドベンチャーランドの「パビリオン」にあり、マーベル作品に登場するヒーローたちと協力しながら、悪の組織であるHYDRA(ヒドラ)より先に「ポータル・ネクサス」を取り戻すミッションに参加ができるアトラクションです。

このアトラクションは、歩いて進むウォークスルー型。ミッションの途中では、ドクター・ストレンジやブラック・ウィドウ、ホークアイなどマーベルのヒーローが次々と登場します。

ゲストが館内を"走って"進む演出まであり、スリリングで迫力のある体験型アトラクションになっています。9月3日までに現地に行かれる方はぜひともご体験ください。

○ディズニー・ハロウィーン・タイム開催

9月14日〜10月31日までは、イベント「ディズニー・ハロウィーン・タイム」が開催されるにあたり、上記で紹介したパビリオン内では、新たなアトラクション「メイズ・オブ・マッドネス:ザ・ナイトメア・エクスペリメント・コンティニュー」がスタート。

このアトラクションは、先ほどの「ミッション:ディメンション・オブ・デンジャー」と同様に、内部を歩いて進むタイプのアトラクション。"コンティニュー"という名の通り、昨年開催された「ナイトメアー・エクスペリメント」の続編(?)ともとれる内容になっています。

怪しげな実験室に入った勇敢なゲストは、あらゆる種類の魔法と対峙することに。『美女と野獣』『ヘラクレス』『ピノキオ』『モンスターズ・インク』『ふしぎの国のアリス』などをモチーフにした室内では、ここでしか体験できない摩訶不思議な世界が広がります。

筆者は昨年の「ナイトメアー・エクスペリメント」も体験しましたが、暗く霧が立ちこめる室内を自力で進むアトラクションなので、小さなお子様が本気で泣き出してしまうほど、恐怖度が高めでした。我こそは! と勇気のある方はぜひともチャレンジを。

○昼と夜で2度楽しめる! 魅力的なハロウィーンパレード

メインストリートUSAでは、昼と夜に異なるパレードを実施。「ミッキーのハロウィーン・タイム・ストリート・パーティ」は、ミッキーと仲間たちが登場し、ゲストと共にダンスパーティを行います。カボチャの風船を投げる演出もあるとのこと!

夜のパレードではガラリと雰囲気が変わり、ディズニーヴィランズ(悪役)が主役の「ヴィランズ・ナイト・アウト! チャプター2」を開催。昨年よりさらにスケールアップしたパレードには、『リトル・マーメイド』の悪役として有名な魔女アースラがパレードに初登場。もちろん、マレフィセントやハートの女王ジャファーをはじめとした悪役たちや、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のジャック・スケリントンも登場予定。

また、パーク内ではパレード以外でも、ハロウィーンのコスチュームを着たキャラクターと触れ合えます。今年は、メインストリートUSAのアネックスにて、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のジャック・スケリントンとサリーがミート&グリートを実施予定。日本ではできないスペシャルなグリーティングは体験必至です!

●大興奮の『アイアンマン』アトラクション

○トゥモローランドでマーベルの世界を体感!

2017年1月、パーク内にマーベル映画『アイアンマン』の世界をまるごと体験できる各アトラクションやショップがオープンしました。

「アイアンマン・テック・ショーケース」では、ゲストの前にアイアンマンが見参! 登場シーンのカッコいい演出に、思わずゲストから「おぉっ!」と声が漏れる一幕も。パワードスーツに身を包んだトニー・スタークと記念撮影や英語での会話も楽しめます。

パワードスーツを光らせてポーズをキメるアイアンマンのカッコよさは、まさに必見。ここではカメラの準備が必須ですが、カメラがなくてもディズニー・フォトパスに対応しているので、カメラマンが撮影してくれた写真を購入することも可能です。

○アイアンマンになって香港の街を救おう!

スターク・エクスポ内にある「アイアンマン・テック・ショーケース」の隣にある大型施設「エクスポ・ショップ」では、「トニー・スタークのようにアイアンマンスーツを着てみたい!」というゲストのために、バーチャルでパワードスーツを着用し、香港の街を救う体験ができる「ビカム・アイアンマン・アット・スターク・エクスポ」があります。

ここでは、ゲストの動きとリンクするモーションセンサーを用いて、アイアンマンのパワードスーツを着て悪の組織ヒドラと戦うバーチャル体験ができます。最初にアーマーの色とタイプを選んでアイアンマンスーツを着たら、いくつかのレクチャーの後、いよいよ香港の空へと飛び立ちます!

両手を交互に前に突き出して、ヒドラを破壊する爽快感のほか、身体を前後に揺らして空中を移動するなどのモーションも体感できるので、本当に空を飛んでいる気分に!

アイアンマンに変身した動画は、有料でダウンロードパッケージとして購入可能。この二つを体験した後は、新アトラクション「アイアンマン・エクスペリエンス」へ行ってみましょう。

○「アイアン・ウィング」に乗って宿敵と対決

「アイアンマン・エクスペリエンス」は、アトラクションに行くまでのスタンバイレーンに4つの展示ホールがありますが、ファストパスを利用するとそこは通らず、直接乗り場近くまで行ってしまうので要注意。展示を観賞しながら進みたい場合はスタンバイレーンを通ります。

スタンバイエリアにはアイアンマンシリーズを観賞した方であれば、思わず「おお……」と唸るであろう品々が展示してあります。なお、アトラクションの説明をするシーンでは、マーベルの創設者スタン・リー氏もカメオ出演しているのでお見逃しなく!

アトラクションは、東京ディズニーランドで例えると「スター・ツアーズ」と同タイプ。「スターク・ヴィジョン・グラス(3Dメガネ)」をかけ、「アイアン・ウィング」に搭乗し、香港の空を飛びながら悪の組織ヒドラとの戦いに挑むという内容。

ヒドラとの対戦では、街中を縦横無尽に飛び回るスリリングな演出が待ち受けています。アイアンマンファンにはもちろん、映画未見の人でも文句なしで楽しめるアトラクションなので、香港ディズニーランドに行った際には体験必至です。

個人的なおすすめの順番としては、「アイアンマン・テック・ショーケース」でアイアンマンに出会った後、「アイアンマン・エクスペリエンス」を体験すること。「アイアンマン・エクスペリエンス」のとある場面で、自分たちが「アイアンマン・テック・ショーケース」で体験した同じシーンを見ることができるので、「あっ! このシーンはあの時の!?」と膝を打つこと間違いなしです。

○ここだけの魅力が満載の「香港ディズニーランド・パーク」

なお同パークでは、トゥモローランドにある「バズ・ライトイヤー・アストロブラスター」が今年8月31日にクローズ後、2018年にマーベル映画『アントマン』の世界をモチーフにした「アントマンのシューティング・アトラクション」をリニューアルオープン(予定)。また、2023年にはマーベルのエリアの一画にアベンジャーズの新アトラクションも計画されています。

今年8月7日からは、東京ディズニーシーでも新しく登場したダッフィーのお友達「ステラ・ルー」もお目見え! メインストリートシネマ:マイ・ジャーニー・ウィズ・ダッフィーにてダッフィーと一緒にゲストとミート&グリートできます。サインもしてくれるので、サイン帳とカメラの準備をお忘れなく!

さらに、2018年にはアドベンチャーランドの屋外ステージ「アドベンチャーランド・ショー・プレース(仮)」を建設中。ディズニー映画『モアナと伝説の海』をテーマにした「モアナのヴィレッジ・フェスティバル」を上演予定とのこと。

美味しい食事、楽しいアトラクション、そしてディズニーキャラクターやマーベルの世界も余すところなく体験できる香港ディズニーランド。今後の展開にますます期待が高まりますね!

As to Disney artwork, logos and properties:(C)Disney

○著者プロフィール: 吉田よしか(ヨシダヨシカ)

東京ディズニーランドが開園した1983年以降、30年以上に渡りパークに通い続けているディズニーの達人。年間300日以上パークに足を運び、最新情報やディズニー関連情報などを毎日紹介するAmeba公式ブログ『吉田さんちのディズニー日記』は1日平均50万PVを誇る。