ドルトムントに所属するエムレ・モル【写真:Getty Images】

写真拡大

 ドルトムントが29日、チームに所属する20歳のトルコ代表MFエムレ・モルがスペイン1部のセルタに完全移籍したことを発表した。セルタ側も獲得を発表しており、契約期間は5年間で2022年6月までとなっている。

 スペイン紙『マルカ』によると、移籍金は1300万ユーロ(約17億1000万円)とのこと。先日まで、インテル移籍に近づいていたが金銭面で合意に至らず破談になっていた。その後、セルタが獲得に乗り出し交渉の末に移籍が成立している。

 ”トルコのメッシ”とも呼ばれるモルは、昨年夏にデンマークのノアシェランからドルトムントに加入。だが層の厚いチームでポジション争いに苦戦し、1年目のブンデスリーガでは12試合の出場にとどまっていた。

text by 編集部