広東省の地下鉄駅でエスカレーター事故(画像は『Shanghaiist 2017年8月28日付「WATCH: The terrifying moment when a woman falls through Shenzhen subway station floor」』のスクリーンショット)

写真拡大

エスカレーター直前の床の真下には踏段を回転させる大きなローラーと機械がある。中国のエスカレーターにおいては、不測にも転落した人が指やつま先を挟めてそこに巻き込まれるという非常にむごたらしい事故の話題がいくつも報じられてきた。このたびはそれとは異なり、逞しい男性のおかげで九死に一生を得た女性の話題である。『梨視頻』などが伝えた。

【この記事の動画を見る】

もしも彼女がその時一人だったら死んでいたかもしれない。そんな恐ろしいエスカレーターの事故が起きたのは広東省深セン市のある地下鉄駅。ボーイフレンドとみられる男性に続いてエスカレーターに乗ろうとした若い女性が、乗降板の手前の床板を踏んだところそれが抜け落ち、一瞬にして穴に落下してしまった。

男性は即座にそれに気づき女性に手を差し伸べている。しかし穴はかなり深く男性も床に這いつくばった状態となり、2人を助けようと周囲の人々も続々と寄ってきた。彼女はほどなくして救出されたが、非常に危険な機械に巻き込まれることもなく軽傷を負っただけで済んだのは、やはりその男性の俊敏さと腕力のおかげというほかない。

問題のその床板は、2人が通る前から継ぎ目が歪んで少しばかり持ち上がっていたことが動画からも伝わってくる。現場ではそれがどのように壊れ、なぜ放置されていたのかなど警察や専門家が調査を行っている。28日にはその様子を捉えた動画も公開され、エスカレーター付近の様々な危険が人々を震撼させているもようだ。

画像は『Shanghaiist 2017年8月28日付「WATCH: The terrifying moment when a woman falls through Shenzhen subway station floor」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)