朗読教室の講師・京子を演じる麻生久美子/(C)NHK

写真拡大

連続テレビ小説「あさが来た」('15〜'16年、NHK総合ほか)の大森美香が脚本を務める、竹野内豊主演のドラマ「この声をきみに」が、9月8日(金)夜10:00からNHK総合でスタートする。

【写真を見る】麻生久美子が大人を相手に朗読を教える先生役に!/(C)NHK

同作は朗読教室を舞台に、“変わりたい”と願う大人たちの葛藤や成長を描くヒューマンドラマ。竹野内は家族に捨てられるも、その理由にまるで気付けない偏屈な数学者・孝を演じる。孝は麻生久美子演じる朗読教室の講師・京子と出会うことで、朗読を通して自分に欠けていたものに気付いていく。

そこでザテレビジョンでは、物語のキーパーソンを務める麻生にインタビューを実施。役作りや舞台裏、朗読の魅力などについて聞いてみた。

■ 自分の声はあまり好きではないんです

――美声キャストがそろった作品となりました。

現場でいつも、皆さんの朗読に聞きほれています。私は先生役ですが、私よりも先生を演じてほしい方ばかりで。

――出演オファーが来た際、声について何か言われたりしましたか?

聞いた話ですが、脚本の大森さんが「麻生さんの声がいい」と言ってくださったそうです。「え、私でいいの?」と思ったんですけど、物語を作る人がそう言ってくださるのなら、いいのか、と思って、すごくうれしかったです。

――麻生さんは演技だけでなく声が好きというファンも多いと思いますが、ご自身では、自分の声をどう思われていますか?

うーん…あまり好きではないんですけど、たまに心地の良い声が出ます(笑)。逆を言うと、そうでもないときがあるっていう。その声は聞きたくないですね。

――では、ドラマの中では心地良い声が出るようにされて。

少しいい声を出したいなっていう意識は、ほんの少しだけ持ってます。声のお話なので。

――声優にナレーションと、これまでに声のお仕事もたくさんされていますよね。そういった経験は、今作に生きていますか?

生きていると思います。朗読も何度かさせていただいたことがあって。一度、プラネタリウムの「夜はやさしい」という上映作品で、谷川俊太郎さんの詩を朗読させていただいたことがあったんです。

そのとき、一回目は普通に“朗読っぽく”読んだら、「うーん、ちょっと違うね」って言われて。きっとどこかで、「上手く読もう」みたいな意識が働いたのかも知れないですね。

そうしたら、谷川さんがブースの中に入ってきてくださって、私の目の前に来て、「僕に話しかけるように読んでみてください」って言うんですね。で、言われた通り、谷川さんに伝えようと思って読んだら一回でOKが出たんです。

そのときは何が違うのか、そこまで分からなかったんです。「うーん…まぁいっか、OKもらったし」と思ってて。でも今回のドラマで、「あぁ、谷川さんに向けて読もうと思った、それが良かったんだな」っていうのが、分かりました。気付くのが遅いですよね(笑)。

やっぱり朗読って、相手に伝えるように読むじゃないですか。どうしたら伝わるのかなみたいなことを、考えないといけない。“聞いてくれる誰かのために読む”っていう大切さを、今回学んでますね。段々と、ですけど(笑)。

――麻生さんは朗読の先生の役なので、そういったことを教える立場になるわけですよね。

そうです、全て知ってる“風”にやります(笑)。

■ 家での読み聞かせは、いろいろ試しています。大げさに入り込んでみたり

――先生を演じる上で、どんなことを気を付けていますか?

朗読指導の先生に入っていただいているので、技術的なことは先生に教わって、できるだけそれに近づけるように努力はしてるんですけど、やっぱり、いきなり先生のようにはなれませんよね。なので、技術的な部分はできる限り頑張るんですが、アプローチを変えて、“気持ちで読もう”って思っています。

でも、それも先生がおっしゃっていたことの一つで、指導者の方々も、最終的に目指すところはいかに自然に読めるかなんだそうです。気持ちで読むことがすごく大事だっておっしゃっていたので、「それなら!」と思って。気持ちの問題なら、なんとかなるかなと。

――まさに“誰かのために読む”気持ちですね。それこそ、麻生さんは日々、お子さんのために本を読まれたりされていると思いますが。

読み聞かせは日常的にやっていて、そこではいろいろ試しています。思いっきり大げさに役に入り込んでみたりするんですけど、そういうのは大抵却下されますね。「嫌だ、その読み方! もっと普通に読んで」って(笑)。

読み聞かせは何も感情を入れず、ただただフラットに読む方が子供の想像力が育つっていうのを聞いたことがあって、なるほどなって思ったんです。

あまりこっちが感情を押し付けるよりも、子供がどう感じて、自分でお話の中に入り込んで想像を膨らませられるか、が大事なのかな。多分、私がいろいろやってしまうと、想像が制限されちゃうのがつまらないんでしょうね。

――では、朗読は読み聞かせとは違って、気持ちを込めることが大事なんでしょうか。

気持ちは込めるんですけど、込め過ぎも駄目なんですって、朗読も。そこがまた、さじ加減ですね。やり過ぎてしまうと、朗読も聞きづらくなってしまうんだと思います。

■ 五話の展開を絶対に見てほしいです! こんな表現方法があったのかと

――主演の竹野内さんについてもお伺いします。今回、竹野内さんが演じる孝は、コミュニケーションが不得意な、さえない男性の役です。竹野内さんも声の人気が高い方ですが、そばでお聞きになられていていかがですか。

とても魅力的な声です。孝は人前で話すのが上手ではない役なんですが、あの役の竹野内さんの声は、なんていうんだろうな、あの声でしか表現ができない感情が伝わってくるというか。

孝の声で本を読むと、それはそれで愛おしいんですよ。上手くなくていいんです。朗読を上手く読もうとか、感情を入れて読もうとか思わないで、ただただ読んでいることがものすごく良くて。孝っていう、人間のまんまが伝わってくるというか。そこはぜひ、放送で確認してみてほしいですね。

――では、京子の注目してほしいポイントは?

謎が多い人なので、実は私もどうなるか知りたいです。やっぱり、孝とどうなるのかは気になりますよね。ちょっと先ですけど、五話の展開がすごいんですよ。あれは、絶対に見てほしいです! こんな表現方法があったか! となるので。

――京子と孝の間に起きる恋愛感情の表現が、画期的なんですね?

そうです。朗読を通して、こんな風に感情が盛り上がることがあるのか! みたいな(笑)。ちょっと大人の雰囲気ですね。ぜひ、楽しみにしていてください。