安保理会合と北朝鮮のミサイル(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ニューヨーク聯合ニュース】国連安全保障理事会は29日(日本時間30日午前)、ニューヨークの国連本部で緊急会合を開き、北朝鮮の中距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験を強く非難する声明を全会一致で採択した。

 北朝鮮は29日午前5時57分ごろ、平壌市の順安付近から東へ「火星12」を発射した。ミサイルは北海道上空を通過し、発射地点から約2700キロの太平洋上に落下した。