セルタは29日、ドルトムントのトルコ代表FWエムレ・モル(20)の加入をクラブ公式サイトで発表した。契約期間は5年となっている。

 モルは2016年夏にノアシェラン(デンマーク)からドルトムントに加入した。昨季はブンデスリーガ、DFBポカール、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を合わせ、公式戦18試合に出場。トルコ代表では12試合に出場し、1得点を記録している。7月15日に埼玉スタジアムで行われた明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017では、日本代表DF槙野智章ら浦和レッズの守備陣を翻弄し、2ゴールを挙げる活躍を見せていた。

 ドルトムントのクラブ公式サイトによると、モルはより多くの出場機会を求めて移籍を志願。今夏の移籍市場でインテル行きも噂されていたが、リーガ・エスパニョーラの舞台を新天地に選んだ。


●欧州移籍情報2017-18

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集

●ブンデスリーガ2017-18特集