谷口幸夫・東京都立小平高等学校教諭/英語教育・達人セミナー代表

写真拡大

7月10日、文部科学省は大学入試センター試験に代わり2020年度から始まる「大学入試共通テスト」について、実施方針の最終案を公表した。テストが変われば、教育現場も対応せざるを得ない。いま何が起きているのだろうか。英会話教室イーオン・三宅義和社長が、現役高校教師で、「英語教育・達人セミナー」の代表をつとめる谷口幸夫さんに聞いた――。

■大学入試に関係ないと教育ができないか

【三宅義和・イーオン社長】日本の英語教育の現場が大きく変わりつつあります。現行の高等学校学習指導要領には「授業は英語で行うことを基本とする」とうたわれています。実際、谷口先生の高校ではどうでしょうか。また、先生ご自身は授業を英語で行うことについて、どうお考えですか。

【谷口幸夫・東京都立小平高等学校教諭/英語教育・達人セミナー代表】私は、英語で授業を行うというよりも、生徒に英語を使わせることに主眼を置くべきだと考えているんです。それに、英語で授業を行うことは決してむずかしくありません。

例えば、極論を言いますが、名前、出席番号を呼び、「Page 20. Line No.10. Read the sentence」、そして「Put into Japanese」と言えば、授業は成立します。その生徒が終われば「Good」。そして「Next」と次に行く。その繰り返しでいいわけですから簡単でしょう。それよりも大変なのは、授業中に生徒が英語を使うことなんです。言い換えると,生徒に英語を使わせることが最も大切。もちろん、相応の工夫が必要ですが、私はそちらに力を入れています。

【三宅】生徒に英語を使わせるというのは、スピーキングの指導にもつながると思いますが、現在、大学入試のセンター試験にスピーキングテストはありません。ライティングもない。やはり、大学入試に関係しないと、学校のほうでは力が入らないのではないでしょうか。

【谷口】実は「達セミ」でも講義してもらいましたが、広島県広島市に西厳弘さんという英語教師がいます。まさに、スピーキング指導の実践家で、彼の場合「ワードカウンターシート」を使います。これは1分間に何語、英語を話せたかを数えるためのツールです。

シートに1から100ぐらいまでの数字が書いてあるだけで、スピーチのテーマを決めて、時間は1分間。「よーい、スタート」で、いくつ単語を話すか数えます。

【三宅】単語の数をシートの数字に合わせて追うのでしょうか。

【谷口】そうです。指やペンで追っていきます。生徒が話すのは、まだゆっくりですから、数えられます。慣れてくると、本当にサクサク数えることができます。

私自身、この10年間で登場した教材・教具のなかでは,一番シンプルで非常にすぐれたものだと思っています。だから、これは全国に広まればいいかなと思っていましたが、先日、沖縄で開催した「達セミ」では、4人の発表者のうち、3人がワードカウンターについて話していました。

【三宅】何語まで話しましょうという目標があるのですか。

【谷口】ありません。ただ、おおむね1分間で100語。ただ、話しっぱなしでは身につかないので、話したあと、それを書かせます。この場合は3分間。70語書ければOK。つまり、1分間で100語話して、3分間で70語書ければ、高校生としては上位レベルいう感じです。実際、この4月に赴任した当初は10とか20語ぐらいしか話せなかった生徒が、3カ月ぐらいたって70語〜80語に増えていますので、これはもうマジックツール、ミラクルツールです。

■本物の英語の力をつけることが大事

【三宅】だんだん語数が増えていくのは、自分の英語力のアップの証明ですから、生徒は手応えを感じるでしょうね。

【谷口】記録に取ることが大事かなと思っています。「昨日は20。きょうは30語だった。今度は50語までがんばろうかな」という感じですね。西先生が心理学的なアプローチから考案されたそうですが、生徒を前向きにさせる効果が絶大です。

【三宅】そうした現場での努力が続けられるなか、7月10日に文部科学省が、大学センター試験の後継試験である「大学入学共通テスト」の原案を発表しました。それによりますと2020年から24年までセンター試験と民間試験を併用するそうです。

大学入試については、多くの私立大学で4技能の測定を民間の英検、TOEFL、TEAPなどを使うことが普通に行われています。先生の高校でも、そうした大学への進学を希望される生徒さんもいるでしょうが、外部試験を活用する英語判定が拡大しているということに関して、先生はどのように考えておられますか。

【谷口】これらのテストは世界共通の尺度を使っていますよね。客観的な尺度が保たれるなら問題はないと思います。だから、実技試験というのはあったほうがいいと思うし、それに対応して高校の定期考査にもそれを取り入れることがあるかもしれません。

私自身、受験英語とかビジネス英語、あるいは時事英語といった区別はまったくしていません。とにかく,英語は英語。本物の英語の力をつけるのが大事です。どんな試験が来ても、どんなシステムが来ても、それに対応していくということです。

【三宅】4技能の勉強や習得は、大学受験が終わっても、将来に役立つということがありますね。

【谷口】その通りです。もちろん今回、大学入試の形態がそうなったというのであれば、それに合った対策を練っていくことになるでしょう。でも、おそらく生徒たちは若く、吸収力がありますからフレキシブルに対応していくと思います。

もう20年前ですけど、三宅社長から「イーオンは宿題を出す英会話学校なのですよ」と言われて、「えー、すごいな!」と感心したことを記憶しています。そのひと言が強烈に印象に残っていて、宿題を出す英会話学校に生徒さんが集まるのかなと(笑)。

しかし、ある中学校の先生は「10回、読んだら、星を1つ書きなさい」と言って、「How many stars do you have?」と授業のなかで、何回読んできたかチェックするやり取りをしているそうです。そういう宿題の出し方は意味があります。なぜなら、英語は実技教科ですからね。何度でもチャレンジすることは重要と言っていいでしょう。

■好奇心が旺盛な生徒は伸びます!

【三宅】よく覚えておられますね。いまのお話で、スピーキングの宿題とテストにしっかり取り組んでいこうと再認識しました(笑)。

そこで、英語教育の未来についてお聞きしたいと思います。ICT教育、なかでもオンライン学習は英語との相性がとても良いと思っています。でも、年配の先生にとっては、それを使うのは苦手かもしれません。けれども、若い人たちはデジタル・ネイティブですから、あたりまえのように使いこなしているわけです。もちろん、公立校であれば予算等のこともあり、十分な設備をそろえるには時間がかかるかもしれませんが、先生はこれからの英語教育におけるICT活用について、どのような意見をお持ちでしょうか。

【谷口】私はデジタル・ネイティブじゃなくて、デジタル・イミグランツ、アナログの世界からデジタルに移民してきた人間です(笑)。決してITは得意ではありませんが、英語の授業に関して言えば、「何を見せるか」という意味でソフトの選択が大事だと考えています。その選択眼とセンスは大切でしょうね。幸い「達セミ」にはICTの達人がいっぱいいますので、その人たちから教えてもらえるはずです。

【三宅】これからの時代の英会話は、必ずしもアメリカやイギリスに留学、出張するから学ぶということだけではなく、東南アジアやインドでもノンネイティブ同士で会話する機会が、どんどん増えていきます。そこでは、きれいな英語というよりも通じる英語が求められると思います。

【谷口】勤務先の小平高校でも「オンライン英会話」を、週に1回取り入れています。東京都の政策です。タブレット端末を各自が持ち、フィリピンの人たちと自由に話をするわけです。わずか30分ですが、生徒たちは非常に楽しそうに会話をしています。

【三宅】それは高校生にとっては得がたい経験ですね。そんな機会があれば、英語を学習する意欲が全然違ってくるでしょう。

【谷口】お互いが理解し合うためには、相手にわかるように文化とか生活状況も伝えないといけません。もし日本の高校生が「クラブ活動で夏も学校に行っている」という意味で“I don't have my summer vacation.”と言ったら、フィリピンの高校生は、日本には夏休みがないと誤解してしまう可能性もあります。

【三宅】この事例だけを取っても、やはり最近の高校生の話す力は間違いなく高くなっていると感じます。校内にはネイティブの先生もいるし、ICTを活用したコミュニケーション教育もある。身の回りに英語があふれていると言っても過言ではないでしょう。先生からご覧になって、伸びる子どもというのは、どんなタイプですか。

【谷口】好奇心が旺盛な子は伸びます。彼らは、言葉の仕組みを含めて、いろんなことに興味を持っています。しかも、その範囲が広いということでしょうか。そんな生徒にはどんどん新しいことを教えていくべきなんですね。

いつも「達セミ」で口にする言葉があります。およそ100年前に、アメリカの哲学者であるジョン・デューイがこのように言いました。

≪If we teach today as we taught yesterday, we rob our children of tomorrow.≫

「もし、私たちが昨日教えたように今日も教えたなら、私たちは子どもたちの明日を奪ってしまう」という意味です。青少年の教育に携わるすべての人が心すべきことだと思います。

【三宅】本日はありがとうございました。

(イーオン代表取締役社長 三宅 義和 構成=岡村繁雄 撮影=澁谷高晴)