甘党だけど太りたくない…砂糖をコレに置き換えよう

写真拡大

【ラクうま美人ごはん vol.9】

「糖質オフ」から作戦変更。

「糖質オフ」がダイエットの主流になっていますが、一度は成功したものの、その後のリバウンドで悩んでいませんか? 昨年実施された糖質オフダイエットに関する調査(※)によれば、約6人に1人が糖質オフダイエットを実践したことがあり、そのうちの約半数が、成功後にリバウンドしてしまったことが明らかになっています。

 うーん、ショック・・・。この結果をふまえると、ハガネのように強靭な精神力を持たない限り、糖質オフは現実的ではないということ。

 そこで今回は作戦変更!「糖質を賢く選ぶ」を目的に、美容・ダイエットの味方になってくれる糖類「メープルシロップ」の魅力と使い方についてご紹介したいと思います。

※ネオマーケティング「食事制限ダイエットに関する調査」2016年
回答者:全国20〜50代の女性1880名(うち糖質オフダイエットを行った315名)

◆メープルシロップとは?

 メープルシロップとは、サトウカエデの樹液を煮詰めた天然甘味料のこと。製品の大半は、サトウカエデの原生林(シュガーブッシュ)が広がるカナダ南東部やアメリカ北東部という限定エリアで生産され、日本には高品質な商品がたくさん輸入されています。

 味としては、「パンケーキの友」でおなじみかもしれません。中には、“メープル風味”の人工シロップも販売されているので要注意ですが、純粋なメープルシロップは、甘みの中に華やかなフレーバーや旨味が合わさった唯一無二の味わいが特徴です。

 今回オススメしたいのは、「普段使っている砂糖をメープルシロップに置き換える」というワザ。その理由とポイントを4つまとめてみました。

◆(1)砂糖より低カロリーでミネラルが豊富

⇒ヨーグルトやコーヒー・紅茶などの定番モノに毎日使え!

メープルシロップを上白糖やハチミツとカロリーや糖質量の比較をしてみると・・・

・メープルシロップ⇒270kcal。66.3g
・ハチミツ⇒294kcal、79.7g
・上白糖⇒370kcal、99.2g
※いずれも100gあたりの数値

 つまり、同じ量を使う場合、カロリーや糖質が約30%オフに。しかも、上白糖にはないミネラル(カルシウム、カリウム、亜鉛、マグネシウムなど)が豊富なため、大変都合の良いヘルシー甘味料(しかもナチュラル!)と言えます。ヨーグルトなどの習慣的メニューで砂糖の代替にしていくと、日々の積み重ねが大きな差を生んでくれそうです。

◆(2)血糖値が急上昇しにくい

⇒すき焼き、照り焼きなどの甘い料理に活躍を!

血糖値の上昇の度合いを数値化したGI値を見てみると・・・

・メープルシロップ⇒50〜70程度(数値にバラつきあり)
・上白糖⇒109

 つまり、砂糖よりも血糖値が急上昇しにくいということ。砂糖をたっぷり使う料理、例えばすき焼きやテリヤキメニューなどに代用すると、罪悪感を和らげることができそうです。

◆(3)アンチエイジングやダイエットに

⇒「甘味料=老ける」は大間違い! キレイになる甘味料ココにあり!

 メープルシロップには65種類ものポリフェノールが含まれています。これらはアンチエイジングにつながる抗酸化作用の他、最新の研究レポートでも慢性的炎症を減少させる可能性などが示唆されています(※ケベック・メープル製品生産者協会によるリリース)

 また、メープルシロップには腸内フローラを良好に導く「イヌリン」という食物繊維が発見されており、健やかなダイエットをサポートする甘味料として活用できそう。

◆(4)料理が超カンタンにおいしくなる

⇒海鮮丼の漬けタレやドレッシングに使うとプロ級の味わいに!

 メープルシロップには240種類もの風味・香りが含まれているため、この奥行きのある味わいはいつもの味をワンランク華やかに底上げしてくれてくれる効果が。特に日本食との相性はバツグンで、例えば海鮮丼の「漬けタレ」は、しょうゆ:メープルシロップ:ごま油=1:1:1の割合でOK。感動あるおいしさに驚きます。

※メープルシロップを使ったレシピ集 http://www.pure-maple.com/gourmet/

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>
【スギ アカツキ】
長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、独自で長寿食・健康食を研究し、各メディアで活躍中。Twitterは@akatsukinohana