現行BMW X1は、FRベースからFFベース化され、FFと4WDが設定されています。FFの「sDrive」系は1.5Lの直列3気筒ターボが搭載され、6ATが組み合わされていました。

8月28日に受けた一部改良において、7月生産分から「sDrive」系のトランスミッションが6速ATから7速DCT(ダブルクラッチトランスミッション)に変更され、8月末より順次納車が開始されます。※写真は「sDrive18i」ですが、一部仕様が異なります。

なおBMWは、DCTをダブルクラッチトランスミッションと表記していますが、一般的なデュアルクラッチトランスミッションと同じです。

SUVにはトルクコンバーター付ATの方が似合うという意見もありますが、コンパクトSUVでFFの「sDrive」系が7速DCTでどんな走りを披露してくれるか気になるところ。素早い変速が自慢の7速DCTですが、CVT、AT大国の日本でどう評価されるのかも注目です。

また、2016年9月に追加された2.0L直列4気筒ディーゼルターボを搭載する「BMW X1 xDrive18d」に、フロントPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)が標準装備になり、車両前方にある障害物などの存在をドライバーに知らせてくれます。

今回の一部改良で、「BMW X1 sDrive18i」は10,000円、「BMW X1 xDrive18d」は30,000円高となっています。価格は下記のとおりです。

BMW X1 sDrive18i¥ 4,060,000BMW X1 sDrive18i xLine¥ 4,340,000BMW X1 sDrive18i M Sport¥ 4,520,000BMW X1 xDrive18d¥ 4,520,000

(塚田勝弘)

【新車】BMW X1が仕様変更。6AT車が7速DCTに変更され、「X1 xDrive18d」には前方障害物を検知するフロントPDCが標準装備(http://clicccar.com/2017/08/30/505283/)