タイのプーケット島でこのほど、現地を訪れていた中国人観光客の男(45)が、「貝の王様」とも呼ばれるシャコガイを岩からはがそうとしていたところを海洋資源管理当局に見つかり、警察に身柄を引き渡された。資料写真。

写真拡大

2017年8月29日、中国メディアの封面新聞によると、タイのプーケット島でこのほど、現地を訪れていた中国人観光客の男(45)が、「貝の王様」とも呼ばれ、仏教における「七宝」の一つでもあるシャコガイを岩からはがそうとしていたところを海洋資源管理当局に見つかり、警察に身柄を引き渡された。

タイ第6海洋・沿海資源庁、海洋資源管理事務所は23日、ラチャヤイ島の海辺で岩の隙間に埋まっているシャコガイをはがそうとしている人物がいるとの通報を受け、現地に職員を派遣。上半身裸で短パン姿の中国人観光客の男を発見し、サンゴ礁海域でのいかなる海洋生物の採捕を禁じた条例に違反した疑いで、警察に身柄を引き渡した。

シャコガイの肉は食用とされるほか、貝殻は観賞用の置物としても好まれる。(翻訳・編集/柳川)