北朝鮮・平壌近郊の非公開の場所で行われた中距離弾道ミサイル「火星12」の発射訓練を視察する金正恩朝鮮労働党委員長(中央)。朝鮮中央通信(KCNA)公開(2017年8月29日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新、写真追加)北朝鮮は30日、前日の29日に日本を越えてミサイルを発射したと発表した。北朝鮮がこのミサイル発射を認めたのは初めて。

 国営の朝鮮中央通信(KCNA)は、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長が現地で指導するなか、中距離弾道ミサイルの火星12(Hwasong 12)が発射され、「予定された軌道に沿って北海道の渡島半島と襟裳岬上空を横切って通過し、北太平洋の海上に設定された目標水域に命中着弾した」と伝えた。

 朝鮮労働党の機関紙「労働新聞(Rodong Sinmun)」は30日、20枚以上のミサイル発射関連の写真を掲載。その中には、北西太平洋の地図が置かれた席に着いた金氏が側近らと共に満面の笑みを浮かべている写真や、金氏が発射されたミサイルを見上げている写真などがあった。

 KCNAは金氏が「今後、太平洋を目標にして弾道ミサイル発射訓練を多く行う」必要があると述べたほか、29日のミサイル発射は「侵略の前哨基地である米領グアム(Guam)をけん制するための意味深長な前奏曲になる」とし、現在行われている米韓合同軍事演習への「断固たる対応措置の序幕」だと述べたと伝えた。
【翻訳編集】AFPBB News