La PomPonのHINA、KIRI、YUKINO、RIMA、MISAKI、KAREN(写真左から)

写真拡大

六本木発6人組本格派ダンス&ボーカルユニット・La PomPonが、事務所の大先輩でもある倉木麻衣の名曲「Feel fine!」をカバー。ライブなどでも披露し、これまでも倉木の曲をカバーした経験はあるのだが、ついにCDシングルとしてリリースする。

【写真を見る】“センター”KIRIはキャッチーな振り付けを考えるのが得意!

8月30日(水)に“La PomPon史上最もセクシーな曲”の呼び声高い「Mr.Lonely Boy」との両A面シングルとして発売するのに先駆け、YUKINO、KIRI、RIMA、KAREN、MISAKI、HINAの6人にインタビュー!

聴きどころや、タイトルにちなんだ質問など、3日連続で掲載する。第2弾では、メンバーの「気分上々」エピソードをたっぷりと!

【La PomPon“気分上々”座談会(1)ついにセクシー担当が決定!? より続く】

――初回限定盤に「Sunset Dream」も入っていますが、こちらは作詞を担当されたKIRIさんに聴きどころをお願いします。

KIRI:はい。今回も作詞をやらせていただいたんですけど、月曜から一週間頑張ってきて、日曜にみんなで海に行って楽しんで、また明日からも頑張ろうか、という前向きな楽曲になっているんですけど、曲調もゆったりしていて、聴いていて落ち着けるような曲なので、皆さんにも夕方に聴いていただきたい曲だなって思います。

KAREN:夕方感がすごいよね!

――「ふれんず」もどなたかポイントを教えてください!

YUKINO:じゃあ、MISAKI姐さんどうぞ。

MISAKI:えっ? 私でいいの?

RIMA:だって“ふれんずMISAKI”って言われてるやん。

KAREN:ふれんずMISAKI!(笑)

MISAKI:「ふれんず」は大好きな曲です。ライブ中に披露すると、小さい子が喜んでくれることも多いんですけど、私のお母さんは「この曲が1番好き!」ってくらい大好きらしくて。パフォーマンスをしていると、こちらまで爽やかというか元気になっていくなと、感じていますね。

KAREN:感じていますね、って他人事!? 評論家か(笑)。

MISAKI:ええ、そう感じています!(笑)

――お母さんはどんなことを仰っていましたか?

MISAKI:かわいい!って言っていました。

KIRI:確かにかわいさもあるよね。

MISAKI:「かわいくて、フレッシュでいい曲だね」って言っていまして、たまにライブを見に来てくれるんですけど、「ふれんず」がセットリストにないと、「何で今日『ふれんず』披露しなかったの?」ってすっごい暗い顔で責められるので、その場で歌ってあげます(笑)。振り付けも結構キャッチ―な振り付けになっているんですよ。

KAREN:リリイベ仕様にしたんだよね! 7月のワンマンライブではタオルを使って披露したんですけど、リリイベではタオルを使わずに、お客さんと一緒にできる指さしてほっぺにくるってやるってフリが好評です。みんなでやるのですが、これはKIRIが考案しました。

KIRI:はい。みんなでどういうフリにしようかと考えていたとき、キャッチ―な方がいいかな?という話になりました。キャッチーかつお客さんとコミュニケーションが取れるフリにしたいなと思っていて完成しました。

KAREN:KIRIはいろいろネタを出してくれるんですけど、やっと採用されました。

KIRI:念願の採用でしたね(笑)。他には「La PomPon Music 〜ロッポンギマーチ〜」の中のフリも採用されました!

KAREN:あっ! そっか!

YUKINO:KIRIは、結構キャッチ―な振りを考えるのが得意なんですよ。

KIRI:あと「ろっぽんぎ体操 〜愛コトバはジャンパラポン!〜」で、KARENが体操の説明をしているとき、後ろで踊っている振りがあるんですけど、それも考えました(笑)。

KAREN:キャッチー過ぎるよね(笑)。

RIMA:そこがいいんだよ〜!

HINA:私たちにはなかなか考えられないからね。

KIRI:ボツになったのも多いですけどね。これからも頑張ります!(笑)

――初回限定盤には「BUMP!! -Summer Remix-」も入っていますね。8月生まれの夏っ子RIMAさん、ポイントを教えてください!

RIMA:これはデビュー曲なんですが、オリジナルもすごく夏らしい曲なんです。「BUMP!!」をリリースしたときは1月だったので冬だったんですけど、今回は正真正銘夏にピッタリなリミックスがされていて、夏らしいです。

まだ披露したことはないんですけど、2ndワンマンライブがいつかできるときが来たらやりたいなと思っている曲でして、原曲も好きなんですけど、私はこっちもかなり好きです。

KAREN:最近ファンになってくれた方もたくさんいると思うので、その方が6枚目のシングルを買ってこのアレンジを聴いて、そのときにオリジナルの「BUMP!!」も聴いていただければいいなと思っています。

――アレンジ違うと印象変わりますしね。そして、タイトルにちなんだ質問です。まずは「Feel fine!」ということで、「気分上々!」とか「すっきり!」などいろいろあると思いますが、皆さんこれをしているときが気分上々って瞬間は?

HINA:はい!

一同:早っ!

KAREN:珍しく早いね!(笑)

HINA:あるんですよ〜。1人で自転車に乗っていて、誰もいない道で鼻歌を歌うことです。

YUKINO:それ分かる。

KAREN:怖いよ。

HINA:怖くないよ! すごくテンションが上がるんです。最近自転車に乗る機会が多いので、周りに人がいないか確認して、「フンフ〜ン♪」って歌います。

KAREN:もし人が現れたらどうするの?

HINA:人が見えたら、一気に真顔になるね。(真顔を披露)

KAREN:そんな真顔になるの?(笑)

HINA:そのときは何事もなかったような顔をして、また見えなくなったら、「フンフ〜ン♪」って(笑)。

RIMA:鼻歌だけに収まらなくない? 歌っちゃうでしょ?

HINA:あ〜、歌っちゃうこともあるね。

KAREN:そうだよね。風を浴びながら歌うと気持ちいいもんね。

HINA:自転車を漕いでいるときはテンションが高いので、いつも鼻歌を歌っていますね。

KAREN:そんなHINAを見てみたい。

RIMA:楽しそうだね。

KIRI:私は家でゲームをしているときが「Feel fine!」です。インドア派なので、休みの日は家にいることが多いんですけど、椅子に座ってぼ〜っとしたり、ベッドでごろんとしたり、そのときは気分上々というわけではないんですけど、一日が終わって「今日も1日引きこもれた〜」って浸れて、すごくうれしくなるんですよね。

引きこもるときは、前の日にいろいろ買い込みます。準備万端にして引きこもりに備えますね(笑)。 

――何か切なくなるけど(笑)、お気に入りのゲームは何ですか?

KIRI:スーパーマリオシリーズが好きなので、マリオ関連のをよくやりますね。

MISAKI:逆に私は引きこもれないので、一人でスパに行くと気分上々です。

KAREN:うわ〜セレブ気取り〜!(笑)

YUKINO:すげー(笑)。

RIMA:うわ〜!(笑)

KAREN:イヤミか!

MISAKI:違うよ! 友達や家族とじゃなくて、一人でも岩盤浴とかサウナとか温泉に入りに行きます。

KAREN:一人で行くの〜?(笑) あ、スパが家にあるのか。

MISAKI:違います(笑)。

一同:(笑)。

RIMA:みんなそうそうって顔しているよ(笑)。

MISAKI:家にはありませんよ〜(笑)。

KAREN:あ、違った?(笑) ないんだね。

MISAKI:ないよ〜! スパビルって言うんですか? スパが入っている施設があって、そこに温泉とかサウナとか岩盤浴が入っているので、一人で行ってのんびり過ごすのが好きです。

KAREN:それは大人の過ごし方だね。

RIMA:カッコイイ〜。

MISAKI:で、その後に必ず飲むものがあって、ビ……ンのコーヒー牛乳です。

KAREN:焦った、ビールかと(笑)。

RIMA:ハタチだからいいんだけどね(笑)。

MISAKI:違う違う(笑)。

KAREN:大人だなあ。こっち(HINA)なんか鼻歌だよ?(笑)

KIRI:そして、こっちはゲーム(笑)。スパってすごいなあ。

MISAKI:でも、サウナとかお風呂とかでも誰もいないと鼻歌を歌っちゃいますね。

HINA:なるよね? そうなるよ!

MISAKI:うん。変な歌を勝手に作って歌っています。

一同:(笑)。

MISAKI:すごく楽しいんですよ〜(笑)。

KAREN:楽しそう(笑)。私が思わずテンション上がっちゃうことは、恐竜の生態を調べることですかね。

――えっ…?(笑)

HINA:は〜!?

KIRI:え?(笑)

KAREN:実は恐竜がすごく大好きで、恐竜展に行くこともあります。恐竜全般が好きなんですけど、特にティラノ(サウルス)が好きですね。

HINA:ティ〜ラ〜ノ?

KAREN:昔、「爆竜戦隊アバレンジャー」(2013-14年、テレビ朝日系)という特撮ドラマがありまして、そのときドンピシャでハマって見ていたんです。そこから恐竜にハマって今でも大好きなんですけど、一番大きい恐竜って何かなとか、夜な夜な調べてムフフってなっています(笑)。

たまにHINAが「ティラノサウルスの歩き方」の物まねをしていて、いつも笑っているんですけど、本当は歩き方が違うのにって思っています。

MISAKI:違うの〜!?(笑)

RIMA:あんなに笑ってるのに!

YUKINO:それは早く言ってあげなよ!(笑)

RIMA:むしろKARENから「やってやって!」って言ってたじゃん。

KAREN:ティラノの歩き方じゃないなって思いながら、まあいっかって見ていました。

HINA:似ているでしょ〜!

KAREN:いやいや、妥協していただけよ。あとは深海魚にもハマっています。恐竜とか深海魚とか宇宙人とか、そういうのが好きですね。

YUKINO:私は、ディズニー映画の「モアナと伝説の海」かな。

RIMA:モアナに似てるって?(笑)

YUKINO:違うわ。あの映画は最近一番テンションが上がったし、いいなあと思いました。自分でiTunesでもダウンロードしたんですけど、あの音楽を聴いている瞬間が最高にリラックスしていて、気分が上がるときです。映画も3、4回見ましたよ。

HINA:すごい!

KAREN:私も2回見た。

YUKINO:とにかく海がすごく好きで、とりあえずきれいなんですよ。

KIRI:とりあえずきれい!って、感想が雑だね(笑)。

YUKINO:「リトルマーメイド」を手掛けた方が関わっているということで、ちょっとリンクする部分がありますし、カニとかがかわいいんですよ。それで好きで、歌も好きになったんですよ。HINAには負けますけど、ディズニー/ピクサーは好きですね。

HINA:うん。

KAREN:私が一番、みたいな顔をするな(笑)。

RIMA:本当にしょうもないことなんですけど、Wi-Fiがある所はテンションが上がります(笑)。 

KAREN:最後にすんごくしょうもないのがきたね!(笑) 

RIMA:でもさ「Wi-Fiあるかな〜?」ってみんなで探して、「あった〜!」ってなったとき、「いえ〜い!」ってテンション上がるでしょう?

KAREN:分かるわ。

KIRI:そういえば、何よりもテンション上がるかも(笑)。

KAREN:確かにみんなで喜びを分かち合うよね。

MISAKI:あ〜。そう言われるとそうかも(笑)。

RIMA:ライブとかの会場に着いたらまずWi-Fiがあるか探すもんね。最近リリースイベントでいろいろな所に行かせてもらうので、各場所で毎回探しているんですけど、そのときの喜びがすごいんですよ。ないこともあるんですが、あったときの喜びがジンゾウじゃないんです!

HINA:腎臓って(笑)。

KAREN:腎臓レベルでうれしい(笑)。

RIMA:尋常か(笑)。でも、間違いなく6人みんなテンション盛り上がるよね?

KAREN:上がるね。ちょっとハイタッチしちゃうよね(笑)。

HINA:それはしないでしょ(笑)。

RIMA:それくらい「ヨッシャー!」ってなるよね。音楽をYouTubeで流して踊るので、携帯電話の通信だと通信速度が下がっちゃうんですよ。

【La PomPon“気分上々”座談会(3)へ続く】