28日、参考消息は韓国がテレビドラマを通じて中国発祥の伝統医学を自国のものとして世界に宣伝しようとしていると報じた。資料写真。

写真拡大

2018年8月28日、中国メディア・参考消息網は韓国がテレビドラマを通じて中国発祥の伝統医学を自国のものとして世界に宣伝しようとしていると報じた。

韓国・聯合ニュースによると、韓国のテレビ局が伝統医学をテーマにしたタイムスリップドラマを放送した。このドラマでは17世紀の朝鮮王朝時代において最高の技術を持っていた医師が400年余り後のソウルにタイムスリップして現代の外科医と遭遇、伝統医学と現代医学の交流が展開される。

ドラマは視聴者の伝統医学に対する好奇心を呼び起こしている。ある外国人ネットユーザーは「医療ドラマに興味はなかったが、このドラマに描かれている鍼灸の場面はとても魅力的。自分も以前片頭痛を患っていて毎日薬を飲んでも効かず、最終的に鍼灸によって救われた」との感想を残したという。

参考消息網は「韓国はこれまで伝統医学文化のPRに力を入れてきた。2009年には韓医学のバイブル的書籍である『東医宝鑑』を世界記録遺産入りさせている。08年には世界保健機関(WHO)の鍼灸穴位国際標準で韓国提案の標準案が99%採用され、関係者が『韓国鍼灸術は中国を圧倒して世界標準となった』と発言した。15年には大韓韓医協会が『韓医は10年以内に中医を超える』と豪語している。韓医が発展したこの20年、韓国政府が大々的に投資や宣伝を行うなかで、本来中医がオリジナルであるはずの韓医を、国際社会において主役に祭り上げようとしているのだ」と論じている。

韓国・慶熙大学でアジア医学を学ぶ韓国人博士生は「韓国医学は中医の深い影響を受けた。将来、今度は韓医が中国に伝わればいいなと思っている」と語ったという。(翻訳・編集/川尻)