河野太郎・新外相を中国が注視(写真:時事通信フォト)

写真拡大

河野太郎は敵か味方か?」──。中国メディアはこのところ、8月の内閣改造で新外相に就任した河野太郎衆院議員について、中国寄りなのか、それとも安倍晋三首相の意向を反映して、反中的な傾向が強いのか、様々な見方を示している。

 河野氏は父親の河野洋平・元衆院議長が官房長官時代、中国の慰安婦問題に関して、中国側の主張をほぼ全面的に認める談話を発表するなど、極めて中国寄りな姿勢を示していた。だが、中国国内には安倍首相が太郎氏を外相に任命したことから、「安倍首相の意向を忖度して、右派思想に染まっていくのではないか」との見方も出ている。

 中国が河野氏の外相としてのスタンスに懐疑的になったのは、あることがきっかけだった。それは、外相就任から4日後の8月7日、マニラで、就任後初の国際会議として東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議に出席した際、初めて会見した王毅中国外相の発言だった。それは次のようなものだ。

「あなたのお父さんは河野洋平さんだから、あなたの発言に注目していたが、あなたの発言を聞き我々は非常に失望した。まるであなたはアメリカに言われた任務を果たそうとしているようだ」

 河野氏は会議で、中国が南シナ海の島嶼に軍事基地を建設し、我が物顔で振る舞っていることを厳しく批判したのだが、これについて、王氏は「失望した」という歯に衣を着せずに、河野外相に文句をつけたのだ。王氏は河野氏が外相に就任したばかりだったことから、「お前は、オレよりも格下の外相なくせに、中国を批判するのはけしからん」とばかりに怒鳴りつけたと言ってもよいだろう。

 外相歴が4年以上に及ぶ王氏からみれば、外相就任からたった4日しか経っていない河野氏はまさに「ひよっこ」としか見えないだろうが、外交儀礼的に見れば、同じ外相の立場だけに、王氏の発言は無礼千万ともいえる。そうやって、王氏は河野氏を威嚇して、今後の外交交渉で優位に立とうという思惑が働いたとも想像できる。

 これに対して、河野氏は「中国には大国としての振る舞い方を身につけていただく必要がある」と述べて、逆に王氏にやり返して、一歩も引かなかった。この発言に、王氏はたじたじとなり、結局何も言い返せず、河野氏の鮮烈な外相デビューを印象付けた。

 ところが、中国共産党機関紙「人民日報」傘下の国際問題紙「環球時報」は1面トップで、河野外相が深々と王氏にお辞儀をしているなか、王氏は直立して、さも河野外相を見下しているような構図の写真を掲載した。まるで、日本が中国に朝貢外交していることを印象づけたのだ。

「中国4000年の歴史」だけに、中国の外交交渉は一筋縄ではいかないことを示しているようだ。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は「日中間の最初の外相会談ではお互いがやりあい、引き分けに終わったが、河野外相が中国にとって敵か味方を判断するには、もう少し時間が必要だ」などと指摘している。