2連覇中の白鵬は秋場所(9月10日初日、両国国技館)へ慎重な姿勢をのぞかせた。39度目の優勝を果たした名古屋場所から古傷の左膝に違和感があり、夏巡業序盤に痛みが再発。巡業を一時離脱して治療したが、秋場所への影響を聞かれると、「何とも言えない。できることをやって初日を迎えたい」と話すにとどめた。来月1日の横綱審議委員会稽古総見についても「師匠と相談して(参加を)決める」と微妙な状況で、大台のV40も「今年中に」と語った。