1年ぶり復帰となる井上拓真(左)と久高寛之

写真拡大

 WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(24=大橋)の弟で元東洋太平洋同級王者の拓真(21=同)が30日、後楽園ホールで1年ぶりの復帰戦に臨む。

 昨年末に世界初挑戦が決まりながら右拳を脱臼して手術を受け、無念の中止。同じく右拳脱臼で1年のブランクをつくった尚弥のアドバイスを受けながら、反対の左を強化してきた。4度の世界挑戦経験がある久高寛之(32=仲里)戦へ「この試合をクリアして、チャンスがあればいつでも世界戦をやりたい」と意気込んだ。