ムスタフィのインテル移籍が近づく…アーセナルがローンを受け入れか

写真拡大

『The SUN』は29日、「アーセナルのドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィは、インテルへの移籍に近づいている」と報じた。

今夏のマーケットでアーセナルからの退団が噂されているムスタフィ。本人が移籍を希望しており、インテルとユヴェントスが接近していると報告されていた。

しかし、ユヴェントスはベネディクト・ヘヴェデスのセカンドオプションという形であったことから、インテルがより獲得に近づいているという。

ムスタフィの代理人は28日にインテルとの会談を行っており、個人的な条件には既に合意しているとのこと。

唯一問題となっているのは、クラブ間の取引の条件である。

インテルは購入オプション付きのローンを希望しているものの、アーセナルは購入義務を付随させたい意向を示しているとのこと。

ローンの手数料はかなり安く抑えられているが、インテル側がムスタフィの給与を100%負担する形になるようだ。