『仕事が速い人ほどマウスを使わない! 超速エクセル仕事術』(岡田充弘/かんき出版)

写真拡大 (全2枚)

 仕事のスピードを劇的にアップさせてくれる「エクセル」の時短ワザを伝授する『仕事が速い人ほどマウスを使わない! 超速エクセル仕事術』が、2017年8月7日(月)に発売された。

 同書は「作業効率がぐんと上がった!」「立ち読みし、内容に衝撃を受けて購入しました!」「もっと早くこの本が出回っていたら、パソコンがもっと売れたのに」と大反響が上がっているベストセラー『超速パソコン仕事術』に続く、第2弾となる「エクセル」版。複雑な表計算や関数、マクロなど、高度な知識を解説する専門書ではなく、誰でもできる驚きの時短ワザを70個紹介している。

 日報や報告書など使う単語が決まっている場合は「入力規則」機能を使用すれば時短になり、ミスの防止にも有効。

「エクセル」には時短ワザや便利な使い方が、想像以上にたくさん隠されている。そこで同書では「エクセル」を使って仕事をしているすべてのビジネスパーソンに向けて、知っているといないとでは大違いの便利な“使えるワザ”を伝授。「Excel2016」の情報をもとに、100以上のショートカットキーから使用頻度と時短効果の高いものを厳選して取り上げていく。

「仕事術」というテーマに合わせ、「VLOOKUP」関数や「ピボットテーブル」など「エクセル」専門書で語り尽くされている大ワザをあえて省略。誰でもすぐに使えて、仕事に活かせる小ワザ・中ワザを中心に紹介している。

 たとえば「エクセル」の入力を効率化する、表作成を簡単にする、入力したデータを活用する、関数を活用するといったテクニックのほか、幅広く役立つ情報を網羅。

 まず序章では「キーボードをサクサク動かす設定」や「もしものときのための自動保存設定」「マウスを使わずエクセル(以外のアプリケーションも適用可能)を一発起動する方法」など、「エクセル」が使いやすくなる基本設定を紹介。最後のおまけでは「エクセルファイルを軽くするためのワザ4選」も掲載し、地味に役立つ情報が満載となっている。

 できるかぎり実際の仕事で使えるワザを、それを活用できるビジネスシーンとともに紹介している同書。活用することで仕事が劇的にラクになり、スピードも格段にアップすること間違いなし。あなたも「こんなワザがあったんだ!」と驚きながら、ゲームやスポーツを楽しむように「エクセル」のワザを身につけてみては?

岡田充弘(おかだ・みつひろ)
カナリア株式会社代表取締役。クロネコキューブ株式会社代表取締役。ウズラ株式会社代表取締役。兵庫県出身。日本電信電話(のちのNTT)、大手会計系コンサルティング会社のプライスウォーターハウスクーパース、大手組織・人事戦略コンサルティング会社のマーサージャパンなどで企業再生や組織変革の実務を経験したのち、映像関連機器メーカーの甲南エレクトロニクスにマネジメントディレクターとして入社。事業再編、ブランド構築、プロセス改革、ワークスタイル改革、オフィス改革など、多くの改革を断行し、短期間で創業以来最高の業績を達成。その後商号をカナリアに変更し、同社の社長に就任。また、2013年4月より脱出ゲーム企画会社のクロネコキューブ株式会社を設立し、代表取締役に就任。その後、建築やオフィス・店舗デザインなどを行うウズラ株式会社を設立。いずれも代表取締役として現場で指揮を執っている。

※掲載内容は変更になる場合があります。