奥手な女子が気になる男子をチラ見するように、奥手な男子も気になる女子をチラ見してアピールをしていることがあります。今回は、気になる女子をチラ見してくる男子のホンネに迫ります。

1. 目をそらされると「嫌われているのかな?」と不安になる



気になる相手をチラ見する男女にとって、定番中の定番の気持ちがきっとこれでしょう。チラ見って、ようするに盗み見るということだから、チラ見して目が合えば、それなりに気まずい思いをしちゃいますよね。気まずい上に、目をそらされたとなれば……「なぜ目をそらすのかな? おれは彼女に嫌われたかな?」と思ってしまうことも。

挨拶をしてきっかけ作りを
チラ見する男女ともに言えることですが、チラ見するくらいなら、堂々と挨拶するといいのではないかと思います。挨拶とは相手と仲良くなるきっかけ作りにもなります。
だから遠くから盗み見るような真似をするのではなく、挨拶をする。彼があなたに挨拶をしてこないのであれば、あなたから挨拶をする、これがベーシックな方法ではないでしょうか?

2. 目が合っても話しかけてこないということは脈なしってこと?


女子をチラ見している奥手な男子は、言うまでもなく恋の「戦略」とか「戦術」を持っていなかったりします。つまり女性経験が豊富ではないので、恋愛における知恵が出てこないのです。知恵が出てこないというのは、あきらめるのが早すぎるということ。あきらめるのが早い男子は、チラ見して目が合ってもなにも話しかけてこない女子に対して「目が合っても話しかけてこないってことは、脈なし?」と思ったり。

自分から声をかけてみよう
あなたがチラ見してくる男子のことが好きなら、あなたから声をかけると進展しやすくなるかもしれません。チラ見でアピールするくらい奥手な彼ですから、声を掛けたくてもかけれないでいる可能性が高いです。
彼からの視線を感じるな、と思ったら友だちを誘って、一緒に彼に声を掛けてみましょう。

3. どうやってお近づきになるといいのか方法がわからない



チラ見してお互いに目が合うということは、脈ありかも……と判断している奥手男子もいます。が、先にも書いたように、彼は恋愛に奥手であるゆえ知恵を持っていません。つまり、脈ありというのがわかっていても、具体的にその脈をどう生かすべきか、方法を知らない、ということ。

チラ見だけじゃ進展しない!
こういうケースってもう、男女どちらから先に声を掛けるのか? という話にしかならないでしょう。わたしから声を掛けるのはイヤだと思う人であれば、彼から声を掛けてくるまで待つしかない、ということですよね。

でも、こういう奥手な男女に対しても思うのが、もっとじぶんの人生のメリットを考えてみて欲しいということ。「じぶんから声を掛けるのは恥ずかしい」というところにずっといるより、じぶんのメリットになる方向に動くことで、恋愛に限らず人生そのものが大きく動き出します。「恥ずかしい」というところで逡巡(しゅんじゅん)するくらいなら、じぶんが得することを考えてみて!



いかがでしょうか。
恋愛にかんして奥手な男女ともに言うのが、まずは勇気がほしいということ。しかし勇気がなくとも、運命のいたずらで仲良くなれてつきあえることもあります。あなたの周囲の奥手そうな男女のカップルって、どうやって交際に至ったのか、知っていますか?男女どちらかが意を決して告白してつきあったケースもありますし、ふとしたタイミングで急激に仲良くなって交際に至ったケースもあります。

「わたしは奥手だから」とか「彼は奥手すぎて困る」とかと悩んでいるあいだに、運命のいたずら、つまり偶然が起こることもあるのです。
だから奥手であることだけを悩むのではなく、ときには偶然をキャッチできるように心を開いておくことも大切なのです。
(ひとみしょう/studio woofoo)