“池を水抜き”に挑戦したココリコ・田中直樹

写真拡大

9月3日(日)に「日曜ビッグバラエティ『緊急SOS!超巨大怪物が出た!出た!池の水ぜんぶ抜く大作戦4』」(夜7:54-9:54ほか、テレビ東京系ほか)が放送される。

【写真を見る】当日はボランティアの中学生も参加し、にぎやかな収録となった

同番組は日本各地の池の水を抜いて、潜んでいる生物を調査するシリーズ第4弾。前回放送された第3弾「“池の水ぜんぶ抜く!”緊急SOS!ヤバイ現場に行ってみた!」 では、平均視聴率が9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率を記録し、次の“テレ東の看板番組”として話題になっている。

そんな「池の水ぜんぶ抜く」シリーズで唯一企画に、皆勤で参加しているココリコ・田中直樹に独占インタビューを敢行。番組の反響や、第4弾の手応えを語ってもらった。

――本日の収録の感想をお願いします。

まず胴長の作業服姿で歩いていると、「池の水抜く番組だ!」と声を掛けていただくようになったことがとてもうれしいです。見てくださっている人が増えているような気がして。

今日もたくさん地元の子どもたちが集まってくれて、すごくにぎやかな収録になりました。

――収穫はいかがでしたか?

今日は想像していなかった展開というか、予想だにしていない生物が出てきて驚きました。カルガモの親子の親が水中に引きずり込まれたという目撃情報があって今回の“池の水抜き”に至ったのですが、その正体には視聴者の皆さんもびっくりすると思います。

――どんな生物が出てくるんでしょう…。楽しみです! さて、視聴率もうなぎ上りでもはや“テレ東の看板番組”となりつつある「池の水ぜんぶ抜く」ですが、田中さんの考えるこの番組の良さは何ですか?

僕にとって一番ワクワクすることは、とにかく“池の水が抜かれる”ということです。発想自体が面白いですし、水が抜けた状態の池ってなかなか目にすることがないですよね。どんな状態になって、どんな生き物がいるのかということが気になるし、在来種と外来種のバランスもすごく興味が湧きます。

もしそのバランスに問題があるのであれば、どう対処するのか、その結果池がどんなふうによみがえるのか…と見どころは尽きないですよね。

特に外来種の生物は人の手によって持ち込まれたわけですから、生物自体に罪はない。われわれが気を付けなければいけないと思う反面、彼らの適応力の高さには驚きを隠せないです。

もし僕がアフリカに突然放たれたとしても、適応できる自信がないですもん。急に生活できないですよ。しっかりレクチャーを受けてきているわけではないのに、生き物の本能ってすごいなあと感心します。

――外来種の立場になって考える、というのは新しい見方ですね。優しい田中さんならではの考え方という気もします。また、第4弾では新たな“池の水抜き”挑戦者が登場しますが、もし田中さんがこの番組に推薦したい人がいらっしゃれば教えてください。

意外なジャンルの方に興味を持っていただけるといいなと思います。性別や年齢が違うだけで、感じることが全く違うはずで、いろんな考えが集まれば集まるほど、もっと番組が良くなっていくんじゃないかなと。スポーツとか政治とか、各界から手を上げてくださる人が増えるといいですね。

前回は伊集院光さんが参加されて、ラジオ番組でも熱く語ってくださっていたので、説得力のある意見を述べる人がいるとさらに面白いかもしれません。

――今後も番組から目が離せないですね。それでは、最後に視聴者へ向けてメッセージをお願いします!

第4弾となる今回は4つの池の水を抜いているのですが、全て池の種類や生態系がバラバラなんですよ。特色がそれぞれ違うので、2時間ずっと楽しめると思います。

どういったバランスで池が成り立っているのか、生物を通して分かっていくのが楽しいですし、どんな生物が出てくるのか抜くまで分からないので現場もみんなでそろって驚くんですよ。

そういうライブ感というか、一体感のようなものを視聴者の皆さんにも味わっていただいて、共有できたらうれしいです。