米アップルがまもなく市場投入すると見られている「iPhone」の2017年モデルは、現地時間9月12日に発表されるもようだと、複数の海外メディアが報じている。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

大型で高額の発売10周年記念モデル

 この話題を最初に伝えた米ウォールストリート・ジャーナルの8月28日付記事によると、アップルは9月12日に、3種類の新型iPhoneを発表する見通しだと、事情に詳しい関係者は話している。

 1つは、iPhone発売10周年を記念するモデルで、他の2つは昨年9月に発売した「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の刷新モデル。このうち、10周年記念モデルは、他のモデルに比べて大型かつ高価格。本体の端から端までを覆うディスプレー、画面のアンロックや電子決済「Apple Pay」に利用する顔認証機能が搭載されるという。

 アップルは昨年、iPhone 7の発表イベントの会場に、米サンフランシスコのビル・グラハム・シビックオーディトリウムを選んだ。しかし今年は、「Apple Park」と呼ばれる新社屋にある大ホール「スティーブ・ジョブズ・シアター」を使いたいとアップルは考えている。

 ただ、アップルの新社屋は今も建設中。このため、今回のイベントは、別の会場になるか、あるいは、時期がずらされる可能性もあると、事情に詳しい関係者は話している。

世界最大のスマホ市場、中国で巻き返し

 iPhoneの2017年モデルには、多くの人が期待を寄せており、潜在需要は相当なものがあるようだ。しかし、同社は世界最大のスマートフォン市場である中国で苦戦している。このため、同国でいかに巻き返せるかが成否のカギを握ると指摘されている。

 例えば、香港の市場調査会社、カウンターポイント・テクノロジー・マーケットリサーチによると、今年4〜6月期の中国におけるメーカー別出荷台数は、中国ファーウェイ(華為技術)、中国オウポ(広東欧珀移動通信)、中国ビーボ(維沃移動通信)、中国シャオミ(小米科技)、アップル、韓国サムスン電子の順だった。

 また別の調査会社である米IDCによると、同期間のスマートフォン世界出荷台数は、サムスン電子が首位で、アップルがその半分程度の台数で次いだ。アップルの出荷台数はiPhone 7を発売した直後の昨年10〜12月期に、わずかながらサムスンを上回った。しかし2017年に入るとサムスンが巻き返し、両社の差は再び広がった。

3年ぶりのデザイン刷新

 一方、iPhoneの2017年モデルは、そのデザインが大幅刷新されるため、スマートフォンをステータスシンボルと考える人が多い中国で成功するかもしれないと、ウォールストリート・ジャーナルは伝えている。

 iPhoneのデザインが最後に刷新されたのは2014年の「iPhone 6」シリーズ。その翌年の「6s」シリーズも、昨年の「7」シリーズもデザインの大幅変更はなかった。これが、中国で買い替え需要を促せなかった理由だとアナリストらは指摘している。

筆者:小久保 重信