横断歩道がレインボーカラーに アートでLGBTQ支援 エルサルバドル

写真拡大

著:Melissa Vida(Global Voices Journalist, El Salvador and Central America)

 エルサルバドルでは、20名以上のアーティストやLGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィアなど性的マイノリティーの人達)の権利向上活動家達がヒーロー通り(Boulevard of Heroes)とアンデスアベニューの間にある横断歩道をLGBTQの活動を象徴するレインボーカラーの旗と同じ虹色に色づけた。中央アメリカの国がLGBTQコミュニティーの支援をこのような形で承認した初めてのことであった。

 国の首都の中心部に常設のアートを設置することで、エルサルバドルのLGBTQコミュニティーは彼らの社会における認知度とノーマライゼーションという点で、6月に開催されたゲイ・プライド月間を超える大きな進展を達成した。

 エルファロテレビ局製作のビデオリポートではアーティスト達が集まりこのアートを作り上げる様々な側面を報道している。LGBTQの権利向上活動家であり、今回のアート活動の主催者であるニコラス・ロドリゲズ氏は、レインボーカラーの横断歩道は歩行者、そして性やジェンダーの多様性を共に尊重する大きな象徴であると捉えられると言う。

 アーティスト達は、この“空に浮かぶ大展示”と呼ばれる作品がエルサルバドルの社会に大きなインパクトを残すであろうと称賛している。エルサルバドルの全国民を含んだ性の多様性を表現しているのみならず、この企画は通行人の安全を維持することも意図しているのだ。

 “私達は他の人々と何ら変わらない。平和に協調的に共存し、暴力の減少に貢献し、この取り組みにより、歩行者、特にLGBTQコミュニティーに所属する歩行者が運転手による暴力の被害に遭わないための役に立つ。”主催者の一人、ニコラス・ロドリゲズ氏は言う。

 エルサルバドルはLGBTQコミュニティーに所属する人々、特にトランスジェンダーとトランスセクシュアルの人々に対する暴力事件が増加してきた。政府によるLGBTQコミュニティーの権利を保護する取り組みにもかかわらず、LGBTの人々に対する暴力件数は減少していない。この理由の一部は、1990年代以降、600人以上のホモセクシャル、トランスセクシャル、トランスジェンダーの人々の殺害を記録しているギャングや警察による暴力問題と関係する。このような暴力は現在も起こっている。ただの身体的な暴力だけでなく、脅迫や恐喝被害に遭ったり、(家や国から)追い出されたりするケースもある。

 このような状況に置いて、この公共のアートの取り組みはエルサルバドルのLGBTQコミュニティーの権利にとって一歩前進といえるであろう。

This article was originally published on Global Voices. Read the original article.
Translated by Conyac