サウジアラビアが逆転負け。日本に追い風【写真:Getty Images】

写真拡大

【UAE 2-1 サウジアラビア W杯アジア最終予選】

 現地時間29日に行われたワールドカップ(W杯)・アジア最終予選のUAE対サウジアラビアは、2-1でホームのUAEが勝利した。サウジアラビアが敗れたことで、日本代表はW杯本大会出場に前進している。

 最終予選グループBで首位の日本を勝ち点1差で追うサウジアラビアは、9月5日の最終戦がホームでの日本戦。UAEに勝って暫定首位に浮上したいところだ。日本にとってはUAEがサウジアラビアから勝ち点を奪うことが望ましい状況だが、日本代表を苦しめたオマル・アブドゥラフマンは負傷のため先発を外れた。

 試合は序盤からサウジアラビアのペース。19分にペナルティエリア内で倒されたというジャッジでPKを得ると、PKを獲得したアル・アービドが決めて順調にゲームを進める。

 しかし、UAEはスーパープレーですぐに追いついた。21分、右からの低いクロスを受けたマブフートが極上のトラップでボールをコントロールすると、冷静にゴールを決めて1-1とする。

 それでも、サウジアラビアが主導権を握る展開は変わらない。ほぼ一方的にサウジアラビアがボールを支配し、勝ち越しの瞬間を待つ。

 だが、UAEは再びスーパープレーでゴールを奪った。60分、カリルがボールを受けて前を向くと、右足で強烈なミドルシュートを突き刺してUAEが逆転に成功した。

 サウジアラビアは猛攻を仕掛けるが、UAE守備陣が奮闘して1点差のまま時間が経過していく。終盤はサウジアラビアに焦りもあり、思うように攻めきれない。

 結局、5分のアディショナルタイムでもサウジアラビアは同点ゴールを奪えず、試合は2-1でUAEが勝利した。

 この結果、日本は仮に31日のオーストラリア戦で勝ち点を得られなくても、最終節サウジアラビア戦ドロー以上でW杯出場権を獲得することができる状況となった。

【得点者】
20分 0-1 アル・アービド(サウジアラビア)
21分 1-1 マブフート(UAE)
60分 2-1 カリル(UAE)

text by 編集部