今回の代表戦期間を利用して、今年3度目となる乳酸テストを実施したマインツ05。水曜日から再びトレーニングを開始するが、負傷離脱中の5選手のうち2選手については、今週中にもチーム練習復帰の見通しとなっているところだ。

そのうちの1人は膝に炎症を抱えいてたマリン・スウェンコであり、すでにフルメニューをこなせるところまで回復。さらに大腿筋を負傷しているジャン=フィリッペ・グバミンについても、部分的にながら参加できそうだ。

その一方で足首に負傷を抱えるアレクサンダー・ハック、亀裂骨折しているヤニク・フート、そして筋損傷を抱えランニングを開始したばかりのガエタン・ブスマンについてはまだ時期尚早。

また開幕から2連敗スタートとなった新指揮官のサンドロ・シュヴァルツ氏だが、代表戦期間後での巻き返しに向けオフェンスを課題としてあげており、「得点チャンスをしっかりとつかみ、そして得点力をどのポジションでももてるようにすることだ」との考えを示した。