ヨヴェティッチ、モナコ加入が決定…ムバペのPSG移籍が加速か

写真拡大

 モナコは29日、モンテネグロ代表FWステヴァン・ヨヴェティッチをインテルから獲得したことを公式サイトで発表した。契約期間は4年で、移籍金は公表されていない。

https://twitter.com/AS_Monaco/status/902516241335799808

 モナコ公式サイトはヨヴェティッチのコメントを紹介。「ここに来ることができてとても幸せです。モナコはビッグクラブの1つで、昨シーズンはチャンピオンズリーグで準決勝進出、リーグ戦ではチャンピオンに輝きました。チームには素晴らしいプレイヤーが多くいます。これらが、モナコを選んだ理由です」とコメントしている。

 ヨヴェティッチは1989年生まれの27歳。セルビアのパルチザンの下部組織出身で、16歳の時に1部デビューを飾った。徐々に出場機会を増やしていくと、2007−08シーズンには2桁得点を達成。様々なクラブから関心を得ると、翌シーズンにはフィオレンティーナに移籍した。18歳で渡った新天地では、ひざの大ケガで出場がゼロだった10−11シーズン以外は主力として活躍。その後はマンチェスター・C、インテル、セビージャへのレンタル移籍などを経て今夏にインテルへ戻っていた。ヨヴェティッチはモンテネグロ代表の歴代最多得点記録の保持者でもある。

 背番号は公表されていないが、各メディアが報じたリーク写真では「10」を着けていた模様。この番号はフランス代表FWキリアン・ムバペが今シーズンから着用しているものだが、ムバペはリーグ戦第1節に出場したのみで、以降はピッチに立っていない。ライバルであるパリ・サンジェルマンへ加入が噂されているが、ヨヴェティッチの獲得でムバペの移籍が加速するものと見られている。