あなたの周りにおせっかいな男性っていませんか? 「あの男はやめたほうがいいよ」としつこく言ってきたり、「なんであいつと会うの?」とまるで自分が彼氏かのように怒ってみたり、なんであなたにそんなこと言われなきゃいけないの? と思ってしまうようなところまで踏み込んでくる方っていますよね。こちらとしては放っておいてほしいのに、なぜそこまで踏み込んでくるのでしょうか? 今回は、付き合ってもいないのに嫉妬する男性の心理をひもといてみました!

単純に心配している

変な男に捕まっていないか、そいつは本当に信用できる男なのか、単純に心配してしつこく言ってくる場合はあります。何度も確認されたり怒っているような口調で言ってくることがあるのですが、あくまでも心配しているだけなのでおおめに見てあげましょう。

大切な友達だと思っている

他の男性が表れたことによって、今まで楽しく過ごしていた時間が取られるんじゃないか。という不安が嫉妬心に変わってしまっているのかもしれません。今まで友達優先だったのに彼氏ができたら遊んでくれないかも……という寂しさをあなたにぶつけているんですね。

恋愛感情を抱いている

あなたが好きで、「他の男性に取られたくない!」と思っている可能性もあります。この場合の嫉妬は、「俺が一番お前を分かっている」「俺が一番お前を幸せにできる」という自信を持っているので少々厄介です。諦めも悪いため、うまく距離をとる必要がありそうですね。

娘のような存在になっている

子を持つ父のような気持ちで、寂しさを抱えているのかもしれません。あなたが娘もしくは妹のような存在で、自分の知らない世界へ旅立ってしまうのでは……。という悲しい気持ちが嫉妬になってしまうんですね。しかし、このタイプはあなたが幸せになれば問題ないので、あまり気にしなくていいかもしれません。

付き合っていると勘違いしている

ちょっと優しくしたことで、「こいつ俺のこと好きなの?」と思っている可能性があります。つまり、「俺のこと好きなくせになんで他の男と仲良くしているの?」という現象が彼の中で起こっているんですね。これはまず誤解を解かなければいけないので、話し合う場を設けたほうが良さそうです。

付き合っていないのに異様に心配されるなんてちょっと怖いなぁなんて思うかもしれませんが、それだけあなたを大切に思っているということ。少し面倒なこともあると思いますが、うまく付き合っていってくださいね。