シャラポワが世界2位ハレプとの接戦を制しグランドスラム復帰戦勝利[全米オープン]

写真拡大

「全米オープン」(8月28日〜9月10日/アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のマリア・シャラポワ(ロシア)が、第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦し、6-4、4-6、6-3と接戦を制して勝利、2回戦へ進出した。試合時間は2時間44分、1回戦ながら2時間半超えの激闘となった。

シャラポワは、ドーピング違反による1年3か月間の出場停止期間後では初のグランドスラム出場となるが、過去の対戦で一度も負けたことがないハレプに対して、終始攻めの姿勢を見せ続け勝利した。

シャラポワは2回戦でティメア・バボス(ハンガリー)と対戦することが決定している。(テニスデイリー/ワウコム)

※写真は「全米オープン」1回戦でシモナ・ハレプを下し歓喜するマリア・シャラポワ
NEW YORK, NY - AUGUST 28: Maria Sharapova of Russia celebrates winning her first round Women's Singles match against Simona Halep of Romania on Day One of the 2017 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 28, 2017 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Elsa/Getty Images)