岡崎慎司【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は29日、ロシアW杯アジア最終予選・オーストラリア代表戦(31日)に向けて練習を行った。

 プレミアリーグのレスターで開幕から好調を維持したまま日本代表に合流した岡崎慎司は、オーストラリア戦に向けて「ここに向けてみんなが準備してきたと思うし、チームとしての雰囲気も、来たばっかりですけどいいと感じますし、みんなが集中して試合に臨めるんじゃないか」と現状を分析する。

 ロシアW杯のアジア最終予選、日本は初戦でUAEに敗れてから苦しい戦いを強いられてきた。それでも地道に勝ち点を積み重ね、W杯まであと一歩のところまでたどり着き、オーストラリア戦を迎える。

 岡崎は「とにかくこの予選中、いろんな選手が活躍してきた」と語り、苦しみながらも経験値の高いベテランから若手まで多くの選手が関わって積み上げてきた成果をポジティブに捉えている。

 オーストラリア戦に勝てばW杯出場は確実なものとなる。日本サッカー界の行く末を占う大一番に向け、岡崎は「強い気持ち」という言葉を繰り返した。

「普段からすごく誇りに思いながら、日本代表に対しては『気持ちを強く』もってますけど、特にW杯が関わってくるとその気持ちっていうのは強い思いに変わってくるし、よりやんなきゃいけないなって思う部分は増えてくる」

「たくさんの人が勝利を期待してると思うし、内容ももちろんあると思いますけど、それ以上に気持ちと結果を求めて、『強い気持ち』をもって、チームとして戦って、個人としても『強い気持ち』で戦って結果を求めていきたい」

「想定外のことが起きるっていうのを想定して頭に入れてるところもあるんで、そういう意味では何が起きても大丈夫なように『強い気持ち』をもって、それに対応できるようにしたいし、『強い気持ち』をもって試合開始から出していきたい」

 岡崎のこれまで決して華麗なスター街道を歩んできたわけではない。地道に泥臭く、一歩一歩確実にステップを上がってきた末に、日本代表のエースストライカーという重責を担うまでになった。今こそ「強い気持ち」で、岡崎“らしさ”を見せる時だ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部