「稀代の才能、中島翔哉はポルトガルの地で輝けるのか」

写真拡大 (全4枚)

日産スタジアムで行われた、J1リーグ第24節、横浜F・マリノス対FC東京。

FC東京の中島翔哉は80分からピッチに立ち、89分にはあらゆる者の予想を裏切るループシュートで湧かせた。

「結果」という観点では最高の旅立ちとはならなかったが、「期待」という観点では最後の最後まで感じさせてくれる選手であり続けた。

そして、次なる舞台は、ポルトガル一部リーグのポルティモネンセ。

果たして、彼に待ち構えるのは「成功」か「苦闘」か。

デビューすら飾れていない選手の行く末を占うことは極めて難しい。

だが、「彼のプレースタイル」、「ポルトガルリーグの事情」、「近年の移籍事例」を照らし合わすと、彼が辿るべき道は自ずと見えてくる。

誰もが圧倒する技術

中島というサッカープレーヤーは、とにもかくにも、ボールを扱う技術に長けた選手だ。

若くから彼を見てきた者にとっては、「何を今更」という感覚もあるだろうが、テクニックに関しては現日本代表の面子に勝るとも劣らない。

「こいつ、めっちゃ巧いな…」

オーストラリアでのアジアカップの際、かの清武弘嗣が舌を巻いたのは有名なエピソードである。

絶対的なスピードこそやや物足りないが、アジリティと繊細なボールタッチを駆使したドリブルは、数々のディフェンダーたちを泣かせてきた。

対峙した選手が足を出したくても出せない、絶妙なタイミングとリズムは、まさに独特の世界観。

危険なエリアに進入するということはもちろん、ファールを誘発するという効果も併せ持ったドリブルだ。

そして、そのドリブルと並び、彼の最大の特長がシュートだ。

素早い振り足でゴールキーパーの不意を突き、なおかつ、コースを正確に射抜くシュートは、相手チームを警戒させるクオリティーである。

それだけではなく、シュート意識自体も非常に高く、利き足を問わずに振り抜けるのだから、本当に恐ろしいタレントと言える。

もちろん、プレー全体の安定感や判断力の面など、不安要素が全くないわけではない。少なくともまだまだ不完全なプレーヤーだ。

だが、そのプレーには本当に驚かされる。

「一目でファンになった」と評する声がポルトガルで上がっても不思議ではないはずだ。


ポルトガルで求められるもの

「本当に攻撃的で、失点を恐れず前に出るスタイル」

ポルティモネンセのイメージに対して、中島自身はこのように語ったようだが、この印象はポルトガルの他クラブも同様だろう。

印象論にはなるが、ほとんどのクラブが「個々の連携で崩す」というより、「個人技でいけるところまでいく」という方針が目立つ。

それはブラジル人を中心に「一芸に秀でた選手が多い」点も理由の一つだが、「組織として固まる前に攻撃ユニットの顔ぶれが変わりやすいから」という面もあるだろう。

ポルトガルリーグは、ベンフィカ、ポルト、スポルティングの御三家、そしてブラガ、ギマランエスを除くと、いずれのクラブも金銭面で苦しい。

そのため、「シーズン毎にメンバーが半分以上入れ替わる」というケースが日常茶飯事のクラブも少なくない。となると、組織面を向上させることは当然容易ではなく、必然的に個人技に頼らざるを得ないのである。

そして、この傾向は下位チームになると色濃くなり、「尖った選手」の絶対数が増えてくるが、そのほとんどがブラジル人だ。

その理由も単純。

「ブラジル国籍の選手が外国籍扱いにならない」という、このリーグ独自のルールが存在するからである。

つまり、中島のライバルは、ブラジル人を中心とした「尖った選手」であり、彼自身も「尖った選手」の枠としてカウントされることは間違いない。

とすれば、いかに「尖った選手」として、評価を受けられるかが論点になってくるわけだが、その観点でいくと、中島は脚光を集めるのではないかと見ている。

彼の個性は、Jリーグの舞台では“異質”に扱われることも多かったが、ポルトガルの舞台では遠慮なく発揮できる。

もちろん、ある程度はチーム戦術に左右される面があるが、「無駄な遠慮は不要」という姿勢を貫けば、評価は日に日に高まるはずだ。

その後のステップアップは?

期限付き移籍の都合上、「来夏までに活躍すること」が前提にはなるが、評価を高めた後の話題はステップアップ先だろう。

まず、オーソドックスなパターンとしては、下位クラブから国内のトップクラブへの出世がすぐに思い付くが、これはこのリーグにおいてはあまりおススメできないコースだ。

何故なら、前述のビッグ3の面々は、選手獲得後に度々「Bチーム行き」か「他クラブへのレンタル」を敢行するからである。下位クラブから引き抜かれた選手が、そのままレギュラーを奪うパターンがないわけではない。だが、事例は2〜3年に一人現れるかどうか。このコースを選択すると、予想以上に険しい道を辿ることになる。

例えば、直近の事例として、今夏にフランスのリヨンに加入したフェルナンド・マルサウを見てみよう。

彼はベンフィカからの移籍ではあったが、それは保有元がベンフィカだっただけ。ポルトガルを代表する名門チームでは出場機会は得られず、2シーズンに渡って他クラブに貸し出された「レンタル組」だ。

彼の場合は、幸運なことに「レンタル組」から抜け出せたわけだが、これが当たり前と思ってしまってはバカを見る。最終的に「たらい回し」で終わる選手が多数派だ。

以上のことから、シンプルでありながらも、この王道はおススメできない。

では、目指したいサンプルケースは何か。

それはポルトガルからフランスを経由して、欧州トップリーグに挑戦する流れだ。

近年で言うと、今夏にインテルの一員となったブラジル人サイドバック、ダウベールのケースが代表例である。

彼は、(当時)ポルトガルリーグ二部のアカデミコ・デ・ヴィゼウでプロキャリアをスタートさせたが、すぐに頭角を現して、わずか2シーズンでギマランエスへ移籍。そこからの勢いは凄まじく、ギマランエス、ニース、インテルとシーズンを終える度にステップアップを繰り返した格好である。

一種のシンデレラストーリーではあるが、フランスでの活躍が欧州4大リーグへの近道であることは間違いなく、参考にするには打ってつけだろう。

「まだ出場すらしていないのに、さすがに気が早すぎる…」

ここまで読んで頂いた多くの方がそのような感想を抱くはずだ。

だが、これだけは一つ確信していることがある。中島翔哉には、大きな夢を乗せたくなるような魅力に溢れているということだ。

果たしてポルトガルの地でどのような光を放つか。そして、この一年でどのような変化を見せるか…。

稀代の才能に掛かる期待は大きい。

text by カレン