吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は29日、ロシアW杯アジア最終予選・オーストラリア代表戦に向けて練習を行った。

 オーストラリアに勝利すればその瞬間、6大会連続のW杯出場が決まる。大一番の相手は最大のライバルともいうべきチーム。吉田麻也は「向こうはコンフェデも経験してレベルアップしていると思うので、より警戒しないといけない部分はたくさんある」と述べる。

 アウェイでは守備のバランスを重視した戦いで勝ち点1を得たが、今回はホームゲーム。ディフェンスリーダーは「もっとアグレッシブにやるべきだと思うし、より攻撃的なサッカーを見せられるんじゃないかな」と意気込んだ。

 オーストラリアは3バックシステムの錬度を高めており、吉田も警戒する。

「後ろが3枚で中盤の層が厚くなっているので、そこで彼らのやりたいようなポゼッションッサッカーをさせないこと、あとはサイドで数的優位を作られてクロスを上げられないことが大事になってくる」

 それでも「後ろは長身でアジリティに問題のある選手が多いと思う」とも話し、こう続けた。

「コンフェデの試合を見ていますけど、2列目から飛び出して来る選手に全然ついていけていないのかなっていう印象を受けているので、そういう形をうちがどれだけ出せるか」

 理想としては日本がボールを回す状況を作りたいようだが、「流れの中で随時判断していかないといけない」と吉田。いずれにしても、守備の要は勝利のために全力を尽くす構えだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部