G大阪GK東口順昭、豪州撃破の鍵は「駆け引き」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は29日、31日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦に向けて、埼玉スタジアム2002でトレーニングを行った。

▽練習終了後、ガンバ大阪のGK東口順昭がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。3バックを用いてくると予想される対オーストラリア戦に向け、対策を練っているとしつつ、警戒心を強めた。

◆東口順昭(ガンバ大阪)

──オーストラリアについて

「オーストラリアを見たのは最近。相手のことと、自分たちの攻撃と守備のやり方とかをミーティングで話し合って、グラウンドで確認した」

──前回対戦から守り方の違い

「システム的なことはわからない。でも、相手は前回からより繋いでくるようになってきているので、プレスのかけ方とかを今日ある程度やった」

──主にコンフェデレーションズカップのオーストラリアを見て分析しているのか

「個人でも見るよう言われていた。あの3試合はオーストラリアの色々が詰まっているので、各々が見ている」

──3バックの両脇が狙い目になりそうだが

「自分たちがボールを持てれば狙える。ただ、相手もボールを持つのがうまい選手がいる。そこらへんの駆け引きが大切になってくる」