「チノ」が2018年春夏からメンズをスタート

写真拡大

 茅野誉之が手掛ける「チノ(CINOH)」が、2018年春夏コレクションからメンズラインをスタートする。
 ファーストコレクションは、デザイナーの茅野が最も影響を受けたというRage Against the MachineやKornなどのメタルミュージック、エクストリームスポーツ、90年代のカルチャーを自身のフィルターを通して表現したミニマルでミキシングの効くアイテムを展開。クオリティーの高い素材にこだわり、イタリアの上質な素材を使用したシャツ(3万円〜)や、シルク100%のスカジャン(7万5,000円)、スペインの高級レザーを用いたレザージャケット(36万円)など約15型を製作した。一見シンプルだがシャツのカフスの上の切れ込みや、裏地やテープなどで採用したレッドやブルーの差し色など、さりげないデザインを細部に取り入れている。価格はウィメンズの約1.5倍を予定。「今回はパーソナルで着やすいものを作ったが、今後はもう少し遊びのあるデザインもできたら」(茅野)といい、今後はウィメンズと同等の型数での展開を目指す。