柴崎岳【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は29日、ロシアW杯アジア最終予選・オーストラリア代表戦に向けて練習を行った。

 約2年ぶりの代表復帰となった柴崎岳。鹿島アントラーズでJ1制覇を経験し、直後に行われたクラブW杯ではレアル・マドリーから2得点を奪うなど衝撃のプレーを見せた。そして、今冬にスペイン2部のテネリフェに移籍。質の高いパフォーマンスを披露し、今季からは1部のヘタフェの一員となった。

 ハリルジャパンから遠ざかっていた“空白の2年”で飛躍的に成長。今回の招集は必然とも言える。

「これも運命というか、ベストを尽くして自分なりにサッカー人生を歩んでいれば縁のある場所だと思いますし、縁がなければないと思っています。でも自分が選ばれたいと思ってもコントロールできるものでもないですし、やるべきことをやって選ばれたのはひとつ認められた証拠だと」

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は自身の目で確かめたいという意向から、FWを9人招集している。それぞれタイプが異なるが、中盤の柴崎は言う。

「ほとんどの選手と一緒にプレーしたことがありますし、全員の特徴も分かっているので、誰とやってもコミュニケーションを取ってやれると思います。僕自身そういったところを重視するプレーヤーですので、2年ぶりとはいえ全然問題ないと思います」

 スペインに渡ってより逞しくなった柴崎は、今シリーズのピッチに立ち、日本のW杯出場に貢献することができるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部