柳沢敦くん、「ジーコおじさんの電話相談」に登場!あのシュートミスを謝る

写真拡大

Jリーグが行った夏休み特別企画、「ジーコおじさんのこども電話相談」。

来日中である“サッカーの神様”ジーコ氏が、悩めるちびっ子たちからの質問に優しく、厳しく、愛情を持って答えるという企画だ。

基本的には少年少女が相談の電話をかけていたのだが、終盤にはサプライズとしてジーコ監督の下でワールドカップ出場を果たした巻誠一郎くん(37歳)が登場。

すると最後に電話に出たのは、コーチ3年生の柳沢敦くん(40歳)。もちろんジーコジャパンの下で活躍したあの柳沢なのだが、その最後に思わぬ告白があった(15:20から)。

柳沢 敦(元日本代表FW)

「この場を借りて一言言いたいのは、ずっとシュート練習をいっぱい教わって、基本の繰り返しをやらせてもらって。

『シュートはインサイドで正確に狙うんだ』と口酸っぱく言われてきて、自分自身もそれを肝に銘じながらプレーしてきた中で、ドイツのワールドカップの時にクロアチア戦。

忘れもしないですけど、なんでオレはあそこでアウトサイドを出してしまったのか…。

それが本当に、自分の中で一番後悔があるので、ジーコさんとドイツのワールドカップが終わってから会えてなかったし話もできてなかったので、この場を借りて後悔していることと謝りたい気持ちがあります」

柳沢がジーコに伝えたのは、あのクロアチア戦でのシュートミス。

ジーコと柳沢はともに鹿島に縁があるが、ドイツ大会終了後は顔を合わせていないようで、柳沢としては謝りたい気持ちがあったようだ。

そんな“教え子”からの思わぬ告白に、ジーコおじさんが掛けた言葉が素敵だった。

ジーコ(元日本代表監督)

「そんなのは謝ることじゃないしサッカーには付き物。

それよりヤナギのキャリア全体を見ると素晴らしいサッカー人生だったと思うんだよ。

逆にそこまで成長してくれたことに本当に嬉しく思ってるよ。

特に印象深かったのは、ワールドカップの前にヤナギが怪我をした時、ケガの状態も結構大変なものだったしそれを自分で、精神力で立ち直ってやってくれたことを僕はすごく覚えてるんだよ。あの時の頑張りを。

だからこちらが感謝してるぐらいですよ。

もう一つ嬉しいのは、君のような貴重な経験をした元選手が鹿島でコーチをやってくれているということ。

どうしても若い選手はあの時のスピリットが分からないから、ヤナギが身をもって経験したことを直接彼らに伝えられるというのはとても素晴らしいことだと思うので、経験を無駄にしないように、彼らに伝えてあげてください」

ドイツ大会終了後、まるで戦犯であるかのように叩かれた柳沢だが、「サッカーには付き物」というジーコの言葉に救われたのではないだろうか。これから指導者の道を歩むことになる柳沢にとって、想いを伝える貴重な経験になったのは間違いない。