レスターで開幕2戦連発のFW岡崎慎司、大一番に抱負 「不安要素ない。自分の良さを出していきたい」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は29日、31日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦に向けて、埼玉スタジアム2002でトレーニングを行った。

▽トレーニング終了後、レスター・シティのFW岡崎慎司が報道陣の取材に応対。所属先のレスターでプレミアリーグ開幕から2戦連発と調子を上げる岡崎は、「不安要素がない。あとは感覚を代表に合わせていくだけ。自分の良さを出していきたい」と自身3度目となる最終予選の大一番へ意気込んだ。

◆岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)

──オーストラリア戦に向けて

「コンディションどうこうじゃなく、気持ちで戦っていかないといけない。気持ち的にも、頭の中もすっきりしている。試合にも出ているし、不安要素がない。あとは感覚を代表に合わせていくだけ。自分の良さを出していきたい」

──代表とクラブの切り替え

「切り替えの難しさが最近続いていた。今シーズンは戦い方が違えど、頭の中で守備をしつつ、レスターでも攻撃に重きを置いて、前で向かっていく強い気持ちでやっている。そういう意味で、代表でも変わらないし、戦い方を切り替えるという考えはしていない。どこにいっても、自分のパフォーマンス、特徴は変わらない。それを出し切るという思いで今シーズンに入っている。だから、チームどうこうじゃなく、自分のやることを還元するという強い気持ちで日本代表に貢献していきたい」

──こういった局面を経験するのは自身3大会目。経験者として考えている想定とは

「オーストラリアが相手であることを考えれば、最初は慎重な戦い方になる。いきなりプレッシャーをかけてくるかもしれない。そういうことを想定していれば、良いと思う。チームとして、そういう話をしつつ、その中で戦い方を共有していきたい。チーム全体に能力の高い選手やコンディションの良い選手がいるので、状況に応じて対応しやすい。自分たちが強い気持ちをもって戦える」

──前回大会と違った立ち位置で迎える大一番だが

「それは予選からずっと経験してきたこと。ここまで来るのに、それに対してそんなに深く考えず、そういうこともあるだろうなぐらいにしか思ってこなかった。あのときは固定メンバーが多かったけど、今はコンディションの良い選手が使われる傾向があって、その都度に出ている選手に合わせた戦い方を用いている。自分が出たときは、全てを出せる気持ちで臨みたい」

──今の調子について

「ずっと出させてもらっているけど、UAE戦やイラク戦のように結果を残せなかった試合もある。ただ、そこに対してあまり考えていなくて、全てを受け入れているし、自分の能力も理解している。その中で、自分ができることも必ずあると信じている。自分にチャンスが来たときは、必ず代表の力になれる。そういう自信がある」

──最終予選の難しさ

「今までやってきたけど、大事な試合は特別なものがある。特に、本大会行きが懸かった試合は、本当に緊張感があるし、決める仕事ができれば興奮するものがある。これから出てくる選手が点を決めてくれれば良いなとは思いつつ、僕も一応、フォワードなんで、その役目になったときは点を取りたい。でも、そう思うのは当然のこと。とにかく、勝ちが欲しいので、100%の力を出し切ることが大事。あまり特別なことはしない」

──アウェイのサウジアラビア戦までを想定しているか

「最悪な想定は頭をよぎる。ただ、沢山の人が観てくれるでしょうし、その人たちのパワーが必ず力になる。ホームで勝って決めたいという気持ちが一番ある」