火曜日から練習を再開したTSGホッフェンハイム。しかし15選手が代表戦参加のために不在となり、さらに負傷をかかえるサンドロ・ワグナーとケヴィン・フォクトについては、治療、または個人練習によって回復を目指していた。

なおホッフェンハイムではジェレミー・トルヤンのドルトムント移籍が迫っているところであり、代わりにそのドルトムントからフェリックス・パスラックがレンタルにて加入することが見込まれている。

さらにホッフェンハイムの若手FWフィリップ・オクスも出場機会をもとめて新天地を模索しているとkろおだが、どうやらレンタルにてハノーファーへと移籍する可能性があるようだ。ホッフェンハイムとの契約は2019年まで。