カーナビが左方向へ進もうとすると、左方向から「左折してください」という案内が聞こえてくる――人間の心理として、音が聞こえる方向に注意は振り向けられるもの。その心理を利用した、より自然にクルマとのコミュケーションが取れる新たなインターフェイスのデモンストレーションが、日産グローバル本社(横浜市)ギャラリー内「ニッサン インテリジェント モビリティ」展示ゾーンで行われた。本稿ではその様子をリポートしたい。

 

この技術は、音響メーカーのボーズのヘッドレスト・スピーカー技術「Bose Awareシグナルステアリング・テクノロジー」を活用したもので、音源が耳元にあるために、ドアやダッシュボード内に組み込まれたスピーカーよりも音の方向性がより明確になる。ボーズではオープンエアでも音楽を聴きやすくするためにヘッドレストスピーカーを開発していたが、それをさらに進めてドライバーの状況認知力向上や安全運転のサポートにつなげたのだ。

↑技術の核となっていたのが、ボーズが開発したヘッドレストスピーカー技術「Bose Awareシグナルステアリング・テクノロジー」

 

冒頭で挙げたカーナビの例以外にも、電話のハンズフリーや車両の警告音などを特定の方向で出すようにすれば、その情報をドライバーがより的確に捉えられるようになる。また、仮に緊急車が近づいてきた場合もその方向に合わせて警告すれば、早期にその認知につながることにも役立つ。近年、こうした技術は急速に進化しつつあり、新たなインターフェイスとして大きな注目を浴びているところだ。

 

デモそのものは、マイクロソフトが開発した車載VPA技術「Cortana(コルタナ)」を活用。主人公のイーサンがコルタナとやり取りしながら、指定先へメールを送ったり、目的地へ到着すると自動的に駐車するオートバレーパーキングなどのコマンドを実行したり、というストーリーだ。

↑デモカーは日本では発売していないUS仕様のムラーノをベースとしたプロトタイプ

 

↑コンソールにはコルタナとのやり取りを行う専用のインフォテイメントシステムが搭載されていた

 

↑ミーティングの場所と時刻をコルタナが案内してくれた

 

このやり取りを「Bose Aware」が音の方向性を生かしてサポートする。右左折する際は、たとえば左折時に左側から音が聞こえるようになり、ドライバーがその方角へ自然と注意を向かせるよう仕向ける。つまり、これによってより自然にクルマとのコミュケーションが図れるようになることを目的としているのだ。

↑ミーティングの場所が変更となり、コルタナが案内ルートを自動的に変更。右左折の案内はその方向に合わせたスピーカーから出てくる

 

デモカーは、今年1月、アメリカ・ラスベガスで開催されたCES2018で公開されたものをそのまま持ち込んでおり、体験中の表示はすべて英語のまま。次の動画ではその様子を撮影し、日本語字幕を加えているので参考にしていただければ幸いだ。

また、「Bose Awareシグナルステアリング・テクノロジー」についての解説ビデオはこちらから見られる。ぜひ先進の技術をその目で確かめてもらいたい。