サインマロ副大統領兼外相(左)と握手を交わす康長官=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は29日、ソウルの外交部庁舎でパナマのサインマロ副大統領兼外相と会談した。

 康長官は会談の冒頭で、北朝鮮のミサイル発射を受け米ニューヨークで29日午後(現地時間)に開催される予定の国連安全保障理事会の緊急会合などで話し合われる今後の対北朝鮮制裁について、「北が変わるよう、さらに大きい圧力となるどのような制裁を追加できるか議論するだろう」と話した。 

 また北朝鮮が態度を変えて挑発を止め、対話のテーブルに着くようにメッセージを送っていたにもかかわらず、ミサイルを発射したことに大きく失望したとし、米国や日本と協議して国連安保理の緊急会合開催を要請したと説明した。

 サインマロ氏は朝鮮半島の緊張が高まっている状況に遺憾の意を伝え、国連で行われる議論で韓国を支持する意向を示した。