セビージャ相手にもクオリティの高さを見せつけた柴崎。オーストラリア戦にも期待が懸かる。(C) Getty Images

写真拡大 (全2枚)

 いよいよロシアワールドカップ・アジア最終予選も大詰め。8月31日(木)には、勝てば6大会連続の本大会出場が決まるオーストラリア戦を迎える。
 
 29日には、乾貴士(エイバル)、柴崎岳(ヘタフェ)、酒井宏樹(マルセイユ)、久保裕也(ヘント)の海外組4選手が合流。いよいよ27名の招集メンバー全員が揃ったが、スタメンの多くを占める海外組のコンディションは気になるところ。週末に行なわれた各国のリーグ戦で、代表に選ばれた選手たちはいかなるパフォーマンスを見せていたのだろうか。
 

――◆――◆――
 
GK
川島永嗣(メス/フランス)
対カーン(●0-1):フル出場
リーグ4戦目にして初スタメン。開幕からの連敗は4に伸びたが、最少失点に抑えたことはプラス材料。『レキップ』紙も10点満点で7の高評価。
 
DF
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
対ハダーズフィールド(△0-0):フル出場
昇格組に対して勝利こそ逃したものの、リーグ3戦で今季2度目のクリーンシートを達成。良い流れで代表へ合流している。
 
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
対モナコ(●1-6):フル出場
6失点を喫する大敗で試練を味わった。ファルカオとディアカビの2トップにいい様にかき回されてしまった。
 
酒井高徳(ハンブルク/ドイツ)
対ケルン(〇3-1):ベンチ入りも出場せず
2試合連続で出場機会がなく、チームの勝利をベンチで見守った。地元紙にポジション奪回の決意を語る。
 
長友佑都(インテル/イタリア)
対ローマ(〇3-1):先発出場、56分に交代
開幕戦に続くスタメン起用も0-1とリードされた56分、左太腿部に違和感を覚え途中交代。帰国後に検査の結果、異常はなく大事には至らず。
 
MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
対ヴォルフスブルク(●0-1):フル出場
カウンターからクロス対応に当たるも、失点を防げず。現地紙からはその対応に酷評の声も。
 
小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)
対ADO(〇2-1):フル出場
開幕から3戦連続のスタメン。ボランチとして攻守両面で機能し、勝利に貢献。チームに初勝利をもたらした。
 
柴崎 岳(ヘタフェ/スペイン)
対セビージャ(●0-1):先発出場70分に交代
2トップの一角としてスタメン起用。パートナーに決定機をお膳立てするなど攻守に存在感を見せたが、チームは終盤の失点で敗れた。
 
香川真司(ドルトムント/ドイツ)
対ヘルタ・ベルリン(〇2-0):63分に途中出場
敵最終ラインの裏にスルーパスを通し決定機を演出するなどまずまずの出来。ビルトは3点(5段階評価で1が最高)をつけた。

【PHOTO】豪州・サウジ戦に向けた招集メンバー27人
FW
久保裕也(ヘント/ベルギー)
対アンデルレヒト(△0-0):74分に途中出場
今季2度目のベンチスタート。身体のキレは戻ってきているものの、いまだ無得点。地元メディアは「スランプ」と評しているが……。
 
浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)
対マインツ(〇1-0):63分に途中出場
持ち前のスピードを活かしたプレーでチームを勢いに乗せるが、ゴールに絡むことはできず。
 
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
対ティファナ(●1-2):46分に途中出場
デビュー2戦目は味方が前半で1人退場となり苦しい展開。密着マークを受けた本田は初陣のような輝きを放てなかった。
 
乾 貴士(エイバル/スペイン)
対A・ビルバオ(●0-1):先発出場、63分に交代
開幕2戦連続のスタメン出場。小気味よいボールタッチでチャンスメイクし、果敢にシュートも放ったが、ビルバオの堅い守備を崩せず。
 
武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)
対シュツットガルト(●0-1):フル出場
終了間際に同点弾のチャンスを迎えるも決め切れず。1トップで孤軍奮闘するも及ばず。
 
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
対ドルトムント(●0-2):58分に途中出場
0-2とリードされたなかでの投入。精力的にボールに絡むもボックス内で決定的な仕事ができず。
 
岡崎慎司(レスター/イングランド)
対マンチェスター・U(●0-2):先発出場、60分に交代
立ち上がりから攻勢に出るマンUの前に、全員自陣に引いて守勢に回る。60分で途中交代後に2点を奪われ敗戦。
 
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
対ハンブルク(●1-3):フル出場
開始6分に強烈なボレーシュートを見舞うが、徐々にトーンダウン。ただフル出場は収獲だ。