リバプールは開幕から3試合負けなし(2勝1分)と好スタートを切り、DFデヤン・ロブレンが今シーズンへの期待を語っている。英『スカイ・スポーツ』が報じた。

 27日に行われた第3節でチームは強豪アーセナルを4-0で破り、価値ある勝利を挙げた。ロブレンは「僕から見ればうちの前線こそがプレミアリーグベストだ。アーセナルをボコボコにしてくれたからね」と強力な攻撃陣を称賛。アーセナル戦で得点を決めたMFサディオ・マネ、FWロベルト・フィルミーノ、新加入FWモハメド・サラーの名前を挙げ、今シーズンへの期待を口にしている。

「シーズンは長い。1位になるためには、シーズンの最後まで見据えていかなければならない。だけど前線の3人(マネ、フィルミーノ、サラー)が違いを生み出せるってことは、見ればわかるはずだよ」

「3人ともトップクラスの選手だ。自分のテンポをもっているし、すばらしいクオリティを備えている。とにかくすごい。サラー、マネ、フィルミーノを相手にしたら、どんなディフェンス陣でも苦戦を強いられるはずだ」


●プレミアリーグ2017-18特集