【詳細】他の写真はこちら

乃木坂46の西野七瀬が主演し、乃木坂46のメンバーも多数出演する映画『あさひなぐ』(9月22日全国公開)がついに完成を迎え、8月28日に東京・TOHOシネマズ六本木にて、キャスト&監督による完成披露上映会が行われた。本作は『闇金ウシジマくん』『アイアムアヒーロー』『土竜の唄』『海街diary』など数々の映画化作品を輩出してきた小学館漫画賞を受賞した人気コミックの映画化作品。

イベント冒頭で司会からの「舞台も見た方はどのくらい、いらっしゃいますか?」の問いかけには、多くの観客が反応。舞台から引き続き駆けつけた多くのファンに迎えられる形で、イベントはスタートした。

そして、映画版のキャストである東島旭役の西野七瀬、八十村将子役の桜井玲香、紺野さくら役の松村沙友理、宮路真春役の白石麻衣、野上えり役の伊藤万理華、大倉文乃役の富田望生、一堂寧々役の生田絵梨花、本作のメガホンをとった英勉監督が登場すると、会場は大きな歓声に包まれた。

この日のキャストの衣装は、薙刀の道着姿ではなく、普段なかなか見られないドレッシーな姿ということもあり、会場のボルテージはスタートから最高潮に。

自己紹介で主演の西野から順番に挨拶をしていくなか、松村は「この会場の中、ポップコーンのええにおいがします、羨ましいです!」と彼女らしい軽快な挨拶で会場の笑いを誘った。

この日が一般の観客への映画初お披露目ということに対しての質問に西野は「ここにいる皆さんが、初めてのお客さんとのことで、見終わった後に、どんな感想が浮かぶのか楽しみな気持ちでいっぱいです。みんなすごく薙刀を頑張ったので、かっこいいって思ってほしい!」と映画の出来に自信を見せた。

本作の撮影に臨む前に、実際に厳しい薙刀の稽古をしてきたエピソードに触れられると「今年の年明けぐらいから稽古を初め、撮影期間中も並行してやっていました。薙刀も重くて、扱うのが大変だったし、足の裏の皮がめくれそうになったり、腕が筋肉痛になったりと、いろいろ苦労したけど、私自身、日本の伝統的な薙刀という文化を教わることができて良い経験になったと思います」と、撮影を振り返った。

その後、役作りの質問がキャストに投げかけられると、桜井は「キャラが違うと言われていたんですけど、私自身は違和感を感じていなくて、むしろ作り込みやすい印象でした。ただ、剣道の経験者ということで、そこがすごく苦戦しました」と唯一の剣道経験者役ならではの苦労を語った。

また、荒っぽい役柄いうことに対しては「意外と舌打ちって難しいんだなって、思いました」と話し、実際に舌打ちを生披露。まさかの展開に会場は大いに盛り上がった。自身とキャラクターとの青春を重ねたと語る松村は「みんなで一緒に薙刀を初めたことが、学校に入学したような気分だったし、みんなで作っている感じが、すごい青春でした!」と答え、撮影を振り返ると「前日に試合の撮影内容が変わり、1ヵ月前から練習していたその試合シーンがなくなり、一瞬涙が出ました(笑)」と大変さを話した。

一方で、全国大会に出場するほどの“強いキャラクター”を演じた白石は「とにかく薙刀が強くなきゃいけないということで、最初に先生から “特別にビシバシ行くからね” と言われ、心が折れそうになりました。だけど、薙刀はすごく楽しいし、できてくるとそれが嬉しくて、全然苦ではなく、楽しさのほうが強かったです!」と撮影を通しての “薙刀愛” を語った。

3年生が卒業した後に新部長となり、ストーリーを形作る役どころでもあった役柄の伊藤は「乃木坂46のポジションでも私はまとめ役などやるようなところにいないので、まずそこにびっくりしました」と話し、乃木坂46のキャプテンでもある桜井にアドバイスをもらうため、撮影期間中に夜の田んぼ道を散歩しながら語り合った裏話も明かした。

そんななか、主要キャストの中で唯一乃木坂46メンバーでない富田は「少し不安はあったけれど、みんなものすごく優しいんですよ! なので、練習の初日から不安がなくなりました」と語り、それに対し「(富田さんは)いてくれるだけで、空気がなごむし、元気にしている姿を見るとこっちも元気になるので、感謝でした!」と西野が答え、チームの仲の良さを伺わせた。

最後に、ひとり主人公たちのライバル校で最強の1年生役を演じた生田は、役作りのこだわりについて「演じるキャラクターの背景が映画では描かれていないので、子供らしい素直さから来るふてぶてしさ、すねている可愛らしさをスクリーンで見られるようにしました」と役に対する想いを話した。

なお、薙刀を使った撮影について聞かれた監督は、「一人ひとりの薙刀が練習の中で、それぞれ “役” として定着してきて、吹き替えが効かなるぐらい良い演技をしてくれた」とキャストへの信頼を語った。

イベントのメインとなる映画完成を祝っての鏡割りのコーナーでは、ドレス姿のまま西野の「せーの!」の掛け声で大きな樽が割られ、映画の大ヒットを祈願して白石の掛け声で乾杯が行われた。部活動を描く今作にちなんで、樽の中身は特別にスポーツドリンク。キャストたちは、慣れないひしゃくを使っての作業に悪戦苦闘し、ドレスにかからないか会場をヒヤヒヤさせた。

最後に、キャストを代表して西野から「キャスト全員、スタッフさんやたくさんの人の力を合わせて一生懸命作った素敵な作品です。応援してくれるとうれしいです!」と、これから映画を見る人たちに向けてメッセージをし、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

なお、映画の主題歌「いつかできるから今日できる」は、10月11日に乃木坂46の19枚目のシングルとしてリリースされる。



リリース情報



2017.10.11 ON SALE

SINGLE「いつかできるから今日できる」

映画情報



『あさひなぐ』

9月22日(金)全国ロードショー

原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)

出演:西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理、白石麻衣、伊藤万理華、富田望生、生田絵梨花、中村倫也、森永悠希、角替和枝、江口のりこ

脚本・監督:英勉

主題歌:乃木坂46「いつかできるから今日できる」

配給:東宝映像事業部

(C)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会

(C)2011 こざき亜衣/小学館

映画『あさひなぐ』 OFFICIAL WEBSITE

http://asahinagu-proj.com/

乃木坂46 OFFICIAL WEBSITE

http://www.nogizaka46.com/