あなたの彼が、結婚したがらない男だったら

写真拡大



こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。ここ最近、結婚したがらない男が増えています。もしあなたの彼が、「結婚したがらない男」だったら、どう対処しますか?


今回のそんな結婚したがらない男に多い理由に対して、それぞれ僕の持論を展開したいと思います。

■1.恋愛至上主義  

一番はじめに、救いようのない男を紹介します(笑)。もし、こういうタイプの男が彼なら、さっさと別れましょう。


それは恋愛至上主義。具体的にどういう男か。「俺は、人生で一番好きない女と結婚するんだ。」「俺に似合う、もっといい女がきっといる。」と、偏った考えを持ってるタイプです。


こういう考えをもつタイプは、「俺がイケてる感」がハンパないです。だから、妥協できないし、ずっと夢を見てしまう。彼に処方する薬は、ごめんなさいありません。よく、「恋愛至上主義者と結婚したいなら、彼に似合う女に、あなたがなりなさい。」と、無責任なこと言う人いますが、簡単になれるわけありません。


全てが完璧でないといけないし、あなた自身が疲れちゃいます。だから、時間がもったいないので、すぐに見きりをつけて次にいきましょう。おそらく、彼も一生独身生活を謳歌して、年をとったときに、きっと後悔するはずです。

■2.なにかと面倒

結婚にメリットを全く感じていない、むしろ面倒だと思っている男も多いです。彼女の両親、親戚、子供が生まれたら学校行事など、余計な人付き合いが増えるとか、役所の手続き、住居の購入、保険の加入など、2人で生活を送っていくためには、避けて通れない色んなことがあるのも事実。


そういう面倒なことばかりしか目に入らなくなって二の足を踏んでしまうわけです。そんな彼とどうしても結婚をしたいなら、(本当は男がやるべきと思いますが)彼女が、面倒な人付き合いや、書類の手続き等、率先してやってあげるしかありません。


おそらく、メリットを感じさせる労力より、デメリットを感じてることを、解決してあげる方が、まだ、楽かもしれません。

■3.今の生活を失いたくない

自由な時間、お金、好きな趣味に没頭など、せわしない日常の中で、束の間の自分だけの時間が唯一の幸せと感じてる男も決して少ないわけではありません。


そんな、悠々自適な生活が失われるくらいなら、結婚なんかしなくていいやと思っている男も多いはず。そんなタイプには、結婚する前に、一度、話合いをして、彼の要望を聞いてあげましょう。


もちろん、譲れる譲れないところあると思いますが、男は、周りの既婚者の悪い話ばかりを聞いているうちに、今までのものを全て取り上げらることに恐怖を覚えているわけですから、「そんなことはない」と安心できさえすれば良いのです。


2人が暮らしていく上での、2人だけの契約を結びましょう。(書面に残してくださいね)

■4.頭が回らない

最後に、あなたとはいずれ結婚したいと思っているけど、仕事が忙し過ぎて、頭が回らないタイプもいます。こういうタイプは、そんな難しい案件ではありません(笑)。あなたら、彼のお尻を叩いてあげればいいのです。


具体的には、親に合わすとか、結婚式場にデートに誘うなど。半ば強引かもしれませんが、それくらいやってもいいと思います。

■おわりに

この時代、結婚をしたくない男はこれからも増えるでしょう。僕の場合は、「若いうちに子どもが欲しい」という明確な目標がありました。今は、別に子供なんていらないと思っている男も多い気がします。


そんな男に、いくら子供のすばらしさを伝えたとしても、なかなかわかりあえないかもしれません。ならば、今回伝えた、結婚に対するデメリットを解決する方向で、頑張るほうが賢いですね。(TETUYA/ライター)


(ハウコレ編集部)