オペレーションは近日中に行われるだろう

写真拡大

26日土曜日、FCバルセロナの監督エルネスト・バルベルデはマルロン・サントスがローン移籍か完全移籍の候補選手の1人であると明らかにしていた。ピケ、ユムティティ、マスチェラーノに加え、フェルメーレンもおり、解決しなければならない人員過多の問題が存在しているためだ。

そして、バルサはすでにマルロンの行き先を考えている。その行き先とはフランスのニースになるだろう。両クラブ間での交渉は順調に進められており、近日中に移籍はまとまるだろう。気になるのは期間が1シーズンになるか2シーズンになるかである。

また、バルサのテクニカル・セクレタリオを務めるロベルト・フェルナンデスは近日中にさらに1人か2人の契約締結がされると明言している。しかし、その選手がセリではないことは明らかにしており、今シーズンの同選手との契約は完全になくなっている。