心身ともに逞しさを増した柴崎 2年ぶり代表復帰とスペイン挑戦の日々に「これも運命」

写真拡大

スペインで紆余曲折の8カ月 代表復帰に「自分なりに歩んでいれば縁がある場所」

 スペインで身も心も強くなったMF柴崎岳(ヘタフェ)が2年ぶりの代表復帰とスペインでの日々を「運命」と表現した。

 日本代表は29日、さいたま市内でロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア戦(31日)のトレーニングに臨んだ。練習後に取材に応じた柴崎は自らを鼓舞するような言葉で想いを口にした。

 2017年に入ってからの柴崎は紆余曲折の日々だった。昨年12月のFIFAクラブワールドカップ決勝レアル・マドリード戦で見せた2ゴールなどが認められ、1月末にリーガ・エスパニョーラ2部テネリフェへと入団。ただ当初は環境に馴染むことができず、心身のコンディションを取り戻すために約1カ月の期間がかかった。

 しかし、テネリフェでスタメンを張って以降は攻撃の核となり、昇格プレーオフ決勝進出に大きく貢献。チーム自体は昇格を逃したものの、自身は決勝の対戦相手で昇格を決めたヘタフェに入団し、新シーズンもレギュラーを確保している。

 紆余曲折があったこの8か月間について触れられると、柴崎は独特の言い回しで語った。

「これも運命というか、ベストを尽くして自分なりに歩んでいれば縁がある場所だと思いますし、縁がなければないとも思いますしね」

「人に認められている証拠」と喜び噛みしめ…

 戦線復帰後、100%の能力を発揮した結果がリーガでの活躍、そして日本代表復帰に直結した。「自分が選ばれたいと思ったところでコントロールできるものではないですし、やるべきことをやって選ばれたのは人に認められている証拠だと思いますし、選ばれたからには責任もありますし、しっかりと結果を出しながらプレーしたいと思います」と、ここ最近のプレーぶりを認められた喜びを噛みしめつつも、決戦に向けてのモチベーションを高めている。

 勝てばW杯本大会出場が決まる一戦。「状況は分かっています。久しぶりに選ばれたことは関係なく、試合に向けてしっかり準備したい。自分の調子は良いと思いますし、調子が良い選手を使うのは当たり前だと思うので、良いコンディションを保ってチームでのパフォーマンスを発揮していきたい。試合に出たいので」と、日本の6大会連続出場を自ら手繰り寄せる意欲を見せた。

「やるべきことはみんな分かっていますし、選手もそうですけど、スタッフも日本全国のファンとともに、この大一番を勝利で飾りたい」

スペインの地でタフさを増したテクニシャンは、過去のW杯予選で勝利したことのないオーストラリア撃破へのキーマンになることで、その運命をさらに切り開こうとしている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images