気になる彼にLINEをしても返信がスタンプオンリー。もちろん、彼が忙しくてLINEどころじゃないという状況も考えられるのですが、「どうでもいい」と思っている本心が表れているだけ……ということも。特にスタンプのみの返信は超絶危険です。男子がどうでもいい女子にだけ送るLINEの特徴を3つお届けしていきます。

1:オールマイティなスタンプ

意を決して気になる彼に好意をほのめかすLINEを送っているのに、返信が「了解」的なオールマイティなスタンプ……。

一応読んでくれているのはわかるけど、なんとも反応が薄いですよね。

「彼、相当忙しいんだろうな〜」とポジティブに解釈したいところですが、「ごめん! 君のこと、どうでもいいっす!」という、えげつない本音が隠れていることもあります。

気になる女子には「よく思われたい」が働き、最低でも一文くらいテキストを打つのが男子ですからね。

しかも、指を立てている「了解」スタンプは、この手の返信で使われるド定番です。

さらに、別に「了解」しなくていい話題ならば、なおのこと危険度が上がります。

2:喜んでいる風のスタンプ

「時間があったら彼にも来てほしいな」と、考え抜いた末にお誘いをした返信が喜んでいる風のスタンプ。しかも、さりげなく潜ませた質問文への回答はスルー……。

一見すると「彼も乗り気だ!」と嬉しくなるのですが、実はこれも「ごめん、どうでもいいんだー」という気持ちが出ている可能性が高い返信です。

そのあと一向にテキストは届かず、ただ喜んでいる絵柄で終わってしまっているなら「その場をうまくやり過ごしたい」というホンネも見え隠れします。

「面と向かって断る勇気はないけれど、行く気もない……」という、ややヘタレな男子がやりがちな“どうでもいい女子”へのLINEです。

深追いは危険ですね!

3:「いいね!」柄のスタンプ

気になっている彼に重くならないように軽いお誘いをかけてみたところ、返信が「いいね」風のスタンプのみ……というのも、本心には「どうでもいい」があるのかも。

女子としては「で、来るの、来ないの、どっちなの!?」とモヤモヤしますが、それ以上の返信が届かない場合には「来ない」という展開が多めです。

ちゃんと意思表示すればいいのに、「行けない」という文字を送るのも面倒なほど「どうでもいい」というヒドいホンネが隠されていることもあります。

こちらもオールマイティに使えるので、ヘタレな男子がホンネを悟られないように使いがちな絵柄です。

しっかり意思表示をすればいいのに「本心を悟られたくない」というズルいホンネがある男子ほど、スタンプでお茶を濁そうとします。

こんな返信をしてくる男子にはさっさと見切りをつけて、次にいったほうが賢明かもしれませんよ!