ポール・ウェラー、デビュー40周年記念ソロ&ザ・ジャムとしての活動のライブ特集を放送

写真拡大

 UKロックの代表的アーティスト、ポール・ウェラーが2017年の5月にデビュー40周年を迎えた事を記念し、ザ・ジャム在籍当時と、ソロに転じてからの2つの時代のライブをWOWOWライブにて9月3日から放送することが発表された。

ポール・ウェラー ライブ写真(全2枚)

 ポール・ウェラーは1958年にイギリスで生まれ、1977年にモッズスタイルのバンド、ザ・ジャムのギター、ボーカルとしてデビュー。1970年代から80年代にかけて、モッズリバイバルの中心的人物として世界的な名声を得てゆく。そんなザ・ジャムも1982年に人気絶頂のうちに解散。その後、ザ・スタイル・カウンシルを経て1991年からソロ活動をスタートさせた。今回、ザ・ジャム在籍当時とソロに転じてからの2つの時代のライブを放送。デビューから40年を経てもなお世界の音楽シーンの第一線で活躍する彼の軌跡をたどる。


◎番組情報
『ポール・ウェラー デビュー40周年』
9月3日(日)<WOWOWライブ>
<ラインナップ>
18:15〜【ザ・ジャム ライブ・イン・ドルトムント 1980】
19:45〜【ポール・ウェラー ライブ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール 2000】

◎ラインナップ詳細
<ザ・ジャム ライブ・イン・ドルトムント 1980 9月3日(日)夜6:15>
ポール・ウェラー率いるザ・ジャムの1980年、西ドイツでのライブ。立て続けに全英No.1ヒットを放った時期の、激しく疾走感あふれる演奏は必見。パンクロックがUKロックシーンを席巻した1977年にシングル「イン・ザ・シティ」でデビューしたザ・ジャム。ポール・ウェラーを中心とするトリオ編成によるタイトでシャープなサウンド、黒人音楽の要素も取り入れた柔軟な音楽性、若者の心情を代弁するかのような歌詞で、彼らはパンクだけでなくモッズムーブメントを象徴する人気バンドへと上り詰めていった。そんな彼らが1980年11月30日にドイツのテレビ番組「Rockpalast」のために行なったライブをお届けする。全英No.1ヒットとなった「ゴーイング・アンダーグラウンド」や「スタート!」、デビュー曲の「イン・ザ・シティ」などの代表曲はもちろん、このライブの2日前にリリースしたばかりの5thアルバム『サウンド・アフェクツ』から8曲も演奏している点にも注目したい。いわば、新作に込めた熱量とトップバンドとして世に躍り出た自信がみなぎるライブとなっている。
収録日:1980年11月30日
収録場所:西ドイツ・ドルトムント ヴェストファーレンハーレン

<ポール・ウェラー ライブ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール 2000 9月3日(日)夜7:45>
ソロ5枚目となったアルバム『ヒーリオセントリック』の発売直後のUKツアーの中で話題となった音楽の聖地ロン
ドン、ロイヤル・アルバート・ホールでのスぺシャルライブ。1982年にザ・ジャムを解散させたポール・ウェラーは、よりブラックミュージック色を強めたザ・スタイル・カウンシルで成功を収めた後、1990年代に入ってからはソロ活動へと移行。折からのブリットポップの隆盛に呼応するようにソロ3作目の『スタンリー・ロード』が全英チャートNo.1に輝くなど、UKロックのアイコンとしての風格を身に付けていった。そんなウェラーが2000年に発表した5thアルバム『ヒーリオセントリック』は多くの楽曲にオーケストラを起用する試みが話題となった意欲作。そして、リリース直後の5月16日、17日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行なったコンサートは、自身のバンドとフルオーケストラを従えた、スペシャルなライブであった。仕掛けも派手な演出もなく、そこには骨太な歌と演奏があるだけ。だからこそ力強く聴衆の胸を打つ、圧巻のライブをお届けする。
収録日:2000年5月16日、17日
収録場所:イギリス・ロンドン ロイヤル・アルバート・ホール