希代のプレーメーカー小野伸二が指名! 日本代表に「新たな刺激を注入する選手」とは?

写真拡大

日本の前に立ちはだかる「やっかいな存在」に、元同僚ストライカーの名前を挙げる

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、31日にロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア戦に臨むが、北海道コンサドーレ札幌に所属する元日本代表MF小野伸二は、かつて自身がオーストラリアのクラブに所属していた経験から要注意人物に触れるとともに、日本代表に「新たな刺激を注入する選手」を名指ししている。

 アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが伝えた。

 小野は2012年9月から14年5月までウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(WSW)に所属し、リーグ戦47試合9得点の結果を残すなど2シーズンにわたってプレーした。また日本代表の一員としてオーストラリア代表とも対戦しており、06年ドイツW杯では悪夢も見ている。前半26分に中村俊輔のゴールで先制するなか、小野は後半34分から出場。しかし、後半39分から悪夢の3失点を喫し、1-3で敗れた。

 オーストラリアとは少なからず関係の深い小野だが、「オーストラリアは日本に対してライバル意識を持っているので、日本にとって簡単な試合にはならないと思う」と分析。さらに敵国のキーマンとして元同僚アタッカーの名前を挙げ、「元チームメイトのトミ・ユリッチが日本守備陣にとって厄介な存在になる」と指摘している。

 小野と13-14シーズンにWSWで共闘した26歳のFWユリッチは189センチの長身ストライカーで、現在はスイス1部FCルツェルンに所属。13年7月の東アジアカップ日本戦で代表初ゴールもマークし、15年アジアカップ優勝にも貢献した男が、日本の前に立ちはだかると小野は考えているようだ。

小野が「良いプレーをしている」と評価

 その一方で、小野は日本代表にも言及し、チームに上積みをもたらす存在としてスペインに在籍するアタッカーを指名した。

「代表に選出されたエイバルMF乾貴士が、チームに新たな刺激を注入すると感じている」

 今季、スペイン1部のエイバルで3年目を迎えた乾は、昨季リーガ・エスパニョーラで日本人最多出場記録(28試合)を塗り替えると、最終節のバルセロナ戦で2ゴールをマーク。バルサから日本人として初ゴールを奪い、それも2得点という特大のインパクトを残し、各国メディアで大きく報じられた。

 小野は「誰が最終的に選ばれるか分からないけど、乾貴士はここまでのところスペインのクラブで良いプレーをしている」と評価。さらに「もし乾が今の調子で日本代表に入れば、チームにポジティブなものをもたらせる」と大きな期待を寄せている。

 過去W杯3大会に出場し、A代表で56試合6得点と近年躍進を遂げた日本サッカー史を彩る一人である小野。希代のプレーメーカーは、「一人の日本人として応援している。W杯に行けると信じている」とエールを送った。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images