「TVアニメ『ピコ太郎のララバイラーラバイ』パジャマ一挙上映会」にピコ太郎が登場

写真拡大

ピコ太郎が声優を務めるテレビアニメ「ピコ太郎のララバイラーラバイ」(毎週水曜夜10:48、テレビ東京)の「パジャマ一挙上映会」が8月29日に開催され、スペシャルゲストとしてピコ太郎が登壇した。

【写真を見る】集まったパジャマ姿のファンとピコ太郎

本作は古坂大魔王が企画・原案を務める1話3分のショートアニメ。監督・谷口崇が描くイラストから、ピコ太郎が即興で物語を作るという手法で制作されている。

今回の上映会では、「ララバイラーラバイ=子守唄」という本作のテーマを踏まえ、ドレスコードが“パジャマ”に設定。リラックスした雰囲気の中、これまでテレビで放送された4話と、ウェブ限定で公開された3話の計7話が上映された。

一挙上映に先駆けて観客の前に姿を現したピコ太郎は、「本日は世の中で一番無駄なアニメを見てもらおうと思います。7話分を見てもらうということで、『ゲッ』と思ったかもしれませんが、20分弱です。あっという間に終わりますので、一過性の風と思ってもらえれば」とあいさつし、会場の笑いを誘った。

本作で声優に初挑戦している他、主題歌も担当しているピコ太郎。周囲の反応を尋ねられると、「アニメを一括で録画しちゃうレコーダーを持っているアニメファンの方が、間違えて他のアニメと一緒に録画しちゃっているという声を良く聞きますね」とコメント。続けて、「僕のバイト先の仲間には評判良いです。バイトですか? 今、人の深爪をぐいっと押し込むバイトをしています」と謎に包まれた私生活の一部を明かした。

また、参加者からの質問コーナーでは「(制作で)上手くできなかったことは?」という問いかけが。これにピコ太郎は「女の子の声をもうちょっと上手くやりたかった。手術が必要ですね」と答えるなど、終始笑いの絶えないトークが繰り広げられた。

本作は10月27日(金)にDVDが発売。全12話の他、「企画・原案 古坂大魔王×谷口崇監督 スペシャル対談映像」も収録される。