奈良柳生カントリークラブ(奈良県)、富岡倶楽部(群馬県)で、国内男子ツアー「セカンドクォリファイングトーナメント(以下QT)」が、本日29日(火)より4日間の日程で開幕した。
骨折おしてド根性出場の亀代順哉
奈良柳生カントリークラブでは、昨年ファイナルQTへの出場は叶わなかったが、アジアツアーのQTを3位で通過した飛ばし屋・亀代順哉が5アンダー2位タイの好発進。一方、富岡倶楽部では、米国女子ツアーで活躍する野村敏京の弟・京平が3アンダー9位タイとこちらも好位置で2日目に挑む。
なお、セカンドQTは当会場他4地区にて行われ、各地区の上位者がサードQTに進出する。
【初日の結果・奈良柳生CC】
1位:T・チャイプラコン(-6)
2位T:三重野里斗(-5)
2位T:坂下竜三(-5)
2位T:Kim Euiin(-5)
2位T:亀代順哉(-5)
【初日の結果・富岡倶楽部】
1位:A・ウォンワニ(-7)
2位:Song Lee(-5)
3位T:仲盛将司(-4)
3位T:早藤将太(-4)
3位T:片山優(-4)
3位T:高田聖斗(-4)
3位T:Park Sang-Tae(-4)
3位T:Kim Chan-woo(-4)
9位T:野村京平 他(-3)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

2017年日本男子ツアー・セカンドQT成績
松山英樹、2017年間王者への道〜Road to FedexCup Champion〜
前年Vのキョンテは高山・近藤と、新鋭・星野陸也は亀代順哉、T・シノットとラウンド
日本人で唯一アジアツアーのQTを突破した亀代順哉、ぶっつけ本番でプロデビュー戦へ
石川遼、生き残りへ! ウェブドットコムツアー・ファイナルズ特集